スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

2010年、NBAに激動の時代きたる!!
ニックス&レブロンで来季は優勝? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2009/12/07 10:30

2010年、NBAに激動の時代きたる!! ニックス&レブロンで来季は優勝?<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

ニューヨーク・ニックスvs.クリーブランド・キャバリアーズの試合でのレブロン。NYのマディソン・スクェアガーデンではレブロン入団を熱望するニックスファンで溢れた

 アメリカのプロスポーツの中で、チーム編成がもっともむずかしい競技は……NBAだと思う。

 メジャーリーグは年俸にお金を使いすぎるとペナルティが課せられるが、ヤンキースのように湯水のごとくお金を使って選手を集める方法もある。そんなルール、気にしませんということも可能なのだ。

 アメフトのNFLには年俸総額の上限を定める「サラリーキャップ」制度があるが、50人以上も選手を雇うので、いわゆる「掘り出し物」を見つける楽しみがある。こうした人事的な側面で成功し、長期間にわたって好成績を収めているのがニューイングランド・ペイトリオッツだ。

 ところがNBAでは、サラリーキャップはあるし(例外は認められているのだが)、契約できる選手はたったの15人だし、スーパースターがいないとなかなか勝てないという現実があるので、チームの編成を担当するジェネラル・マネジャー(GM)の工夫する余地があまり残っていない。

年俸総額が激減したニックス。優勝は早々に諦めた?

 本気で優勝しようと思ったら、コービー・ブライアントやティム・ダンカンとか、お金のかかる人を獲得しなければならない。

 でも、いつも市場にいい選手が流通しているわけではない。今季は捨てて、来季以降に「本気で勝たないとな」と思っているチームが存在する。今季じゃなくて、来季。

 ニューヨーク・ニックスである。

 ニックスのファンは熱い。リーマンショックの影響で、観客の方にもちょっと元気がなくなったような気はするが、もともとニューヨークには熱狂的なバスケットボール・ファンが多いので、本当だったら今季を捨てるようなことは許されない。でも、今季はびっくりするほどお金を使っていないのだ。

 同地区のライバルチームであるボストン・セルティックスと、先発5人の年俸を比べてみよう。

●ニックス
  選手名 年俸
PG デュホン 5億4千万円
G ヒューズ 12億2千万円
SF ガリナリ 2億7千万円
PF チャンドラー 1億円
C リー 6億3千万円
  総額 27億6千万円
●セルティックス
  選手名 年俸
PG ロンド 1億8千万円
G R・アレン 16億8千万円
SF ピアース 17億7千万円
PF ガーネット 14億7千万円
C パーキンス 4億2千万円
  総額 55億2千万円

 野球のヤンキースとレッドソックスほどではないにせよ、ニックスとセルティックスは緊張関係にある。実績は遥かにセルティックスの方が上だが、ライバルであることに変わりはない。

 大都市同士は、えてして仲が悪いものなのである。

【次ページ】 二流選手の寄せ集めでも熱狂的ファンが容認する理由。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ニューヨーク・ニックス
ボストン・セルティックス
クリーブランド・キャバリアーズ
レブロン・ジェームズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ