野ボール横丁BACK NUMBER

大阪桐蔭・西谷監督の炯眼恐るべし。
中田翔と浅村栄斗、覚醒の理由。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/06/01 12:05

大阪桐蔭・西谷監督の炯眼恐るべし。中田翔と浅村栄斗、覚醒の理由。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

2007年のドラフトで佐藤由規(仙台育英高→ヤクルト)、唐川侑己(成田高→ロッテ)と並んで「高校ビッグ3」と呼ばれた中田。尊敬する清原和博に追いつくような選手になれるか?

西岡剛、中村剛也、辻内崇伸、平田良介らの評価は?

 ここ数年、大阪桐蔭は浅村や中田だけでなく、ドラフト指名選手を立て続けに輩出している。主な指名選手のそれぞれの違いを西谷はこう簡潔に言い表す。

「西岡(剛=ツインズ)は気が強い。中村はテクニック、今はそういうイメージがないですけど。中田はパワー。辻内(崇伸=巨人)はビビリ。あいつは正真正銘のカメですから。まだ時間がかかるかも。平田(良介=中日)は宇宙人ですね。練習ではぜんぜん打たないのに、試合ではいちばん期待できる。あいつが打席に立つとワクワクしてきて、ファンみたいな気持ちになっちゃうんですよ」

 ちなみに、その平田がプロで苦労している理由をこう分析していた。

「平田は3年夏の甲子園で、1試合で3本もホームラン打ったもんだからホームランバッターみたいに言われますけど、本来は足と肩の選手。1番タイプなんです。意外なところでセーフティーバントを決めるような。高校時代は、盗塁の数も西岡より多かったですから。本来、平田が生きる場所はそこだと思うんですけどね……」

 今、改めて当時のインタビュー起こしを読み返してみても、いちいちうなずかされることばかりだ。

 恩師の炯眼、恐るべしというところか。

■関連コラム► 浅村、亀井、枡田、森山……。チャンスを掴む選手と逃す選手。
► 中田翔の激変ぶりをキャンプで検証。ホームラン・アーチストへ覚醒か?

コメントする・見る
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中田翔
浅村栄斗
西谷浩一
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ