ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

日本人所属クラブがブンデスで躍進。
ドルトムントの成長はまだまだ続く? 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2011/05/24 10:30

日本人所属クラブがブンデスで躍進。ドルトムントの成長はまだまだ続く?<Number Web> photograph by Itaru Chiba

ドルトムントは2試合を残して9シーズンぶり7度目のリーグ優勝を決めた

 今季のブンデスリーガは、熱狂のシーズンだった。ドイツサッカーの中心であるルール地方が燃えていたからだ。

 多くの日本人選手をドイツに連れてきた仕掛け人トーマス・クロート代理人は、以前、こんなことを話していた。

「私がドルトムントに住んでいるのは、近郊に多くのクラブがあるからなんだ」

 西ドイツにあり、500万人が住むルール地方は、サッカークラブがひしめいている。そのクラブが今季は、ことごとく印象に残る戦いを見せたのだ。

9年ぶりにマイスターシャーレを取り戻したドルトムント。

 ドルトムントは前半戦から快進撃を続け、9年ぶりにマイスターシャーレを取り戻した。シャルケはリーグ戦では14位と散々な結果に終わったが、チャンピオンズリーグの舞台で躍進。グループリーグを首位で通過すると、下馬評を覆してクラブ史上初のベスト4入りを果たした。

 また、5月21日に行なわれたドイツカップ決勝は、シャルケ対デュイスブルクと、ルール地方に拠点を置くクラブ同士の対戦となった。

 さらに、ドルトムントとシャルケに挟まれた小さな街にあるボーフムは、2部で3位となり、入れ替え戦に出場。アウェイで行なわれた初戦は0-1で落としているが、1部昇格の可能性も十分にある。

躍進した3クラブにJリーグ出身の選手がいるという巡りあわせ。

 日本人にとって馴染みが深いのは、ルール地方の3クラブに、今季からJリーグ出身の選手が加わったということだ。

 22歳の香川真司がドルトムント、23歳の内田篤人がシャルケ、そして27歳のチョン・テセがボーフムでプレーすることになった。

 ちなみに、この3人は同期生。いずれも2006年にJリーグでプロとしてのキャリアをスタートしている。

【次ページ】 ドルトムントとシャルケの対照的なチーム補強策。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

香川真司
ルーカス・バリオス
ボルシア・ドルトムント
シャルケ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ