MLB東奔西走BACK NUMBER

誰も予想することが出来なかった、
インディアンスの怒涛の快進撃! 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/05/16 10:30

誰も予想することが出来なかった、インディアンスの怒涛の快進撃!<Number Web> photograph by Getty Images

インディアンスのマニー・アクタ監督。選手としてメジャーでの経験こそないものの、指導者としての評価は高い。2007-2009シーズンはナショナルズの監督を務めている

派手なHRより剛速球!? MLBは守り勝つ時代へ。

 そこで同じく、5月12日現在のチーム成績3部門、両リーグベスト5を見てほしい。

ア・リーグ
チーム打率
1 エンゼルス .270
2 インディアンス .264
3 ロイヤルズ .262
3 レンジャーズ .262
5 タイガース .257
チーム防御率
1 アスレチックス 2.75
2 レイズ 3.23
3 エンゼルス 3.28
4 インディアンス 3.40
5 ヤンキース 3.61
チーム守備率
1 レイズ .990
2 エンゼルス .989
3 インディアンス .988
3 レッドソックス .987
5 オリオールズ .986
ナ・リーグ
チーム打率
1 カージナルス .286
2 カブス .276
3 レッズ .263
4 アストロズ .261
5 フィリーズ .259
チーム防御率
1 ブレーブス 2.94
2 フィリーズ 3.04
3 ジャイアンツ 3.18
3 パドレス 3.18
5 マーリンズ 3.40
チーム守備率
1 フィリーズ .990
2 レッズ .989
3 ブレーブス .988
4 ロッキーズ .988
5 ブルワーズ .986

 いかがだろうか。両リーグでここまで20勝以上を残しているのは、レイズ、インディアンス、エンゼルス、フィリーズ、マーリンズ、ブレーブス、カージナルスの7チームあるのだが、そのうちの5チームがチーム防御率、チーム守備率ともにリーグ5位以内にランクインしているのだ。投手力と守備力を理由に挙げたインディアンス2人の証言も大いに頷けるところだろう。

今年のインディアンスは3年前に急変したレイズの再来か?

 5月に入り、かつてメジャー球団でGMを務め、現在はエージェントとして活躍している知人がツイッター上でリツイートしていたデータがある。

 メジャー全体の4月の月間打率(.251)と平均得点(8.6)がともにここ19年間で最低だったのだという。さらに今年はすでに2人の投手がノーヒットノーランを達成しているように、ここ数年の“投高打低”の傾向は一段と顕在化しており、間違いなくより強固な投手力と堅実な守備力が求められているといっていい。

 今年のペナントレースを占う意味でも、チーム防御率やチーム守備率は一定の指標になるはずだ。そういった意味でもここに登場した7チームは今後もプレーオフ争いで主要な役割を演じることになるだろう。

 今年のインディアンスの強さは自分の目から見ても本物だと思う。3年前に突如として変貌を遂げワールドシリーズまで上り詰めたレイズの時と同じような快進撃も十分に考えられると予想している。

関連記事

BACK 1 2
マニー・アクタ
クリーブランド・インディアンス

MLBの前後の記事

ページトップ