SCORE CARDBACK NUMBER

ジャンプ船木、代表復帰への
執念は実るか?
~バンクーバーにかけるベテラン~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2009/12/03 06:00

ジャンプ船木、代表復帰への執念は実るか?~バンクーバーにかけるベテラン~<Number Web> photograph by KYODO

サマーシリーズでは思うような結果を残せず。12月のコンチネンタルカップに逆転を賭ける

 11月10日、スキー・ジャンプ日本代表の6人が海外合宿とワールドカップ前半戦出場のため成田空港をあとにした。同じ便に、日本代表と同じ合宿地を目指す選手がいた。船木和喜である。

 '98年長野五輪で金、銀のメダルを獲得、日本のエースとして活躍した船木は、その後のルール改正に対応しきれず、極度の不振に陥る。'02年ソルトレイク五輪こそ出場したが、前回のトリノ五輪は代表落ち。W杯日本代表自体、外れて4年がたつ。今回も代表に選ばれていないが、同行したのは、合宿やW杯より下のグレードの大会で実績をあげ、代表入りをアピールするためだ。自費での遠征である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 627文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯出場32カ国決定未知なる大陸を征服せよ!

関連記事

船木和喜
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ