SCORE CARDBACK NUMBER

選手と監督の大移動で今季のCLは期待大。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

posted2008/08/07 00:00

 非難を承知で書かせてもらうと、正直、最近のチャンピオンズリーグ(CL)にはマンネリ化を感じていた。勝ち上がってくるチームも、選手も、監督も同じ顔ぶれで、ここ2年間はベスト4のうち3つ(マンチェスターU、チェルシー、リバプール)がいっしょだった。

 国内リーグであれば、同じ顔ぶれでもそれが当たり前なので退屈しないのだが、どうしてもCLとなると高級レストランに行ったときのような非日常の特別感を求めたくなる。少なくとも私は、メニューの変わらないレストランの味に、飽きかけていた。

 FIFAのブラッター会長も、業界のマンネリ化を感じているひとりかもしれない。7月上旬、C・ロナウドがレアル・マドリーへの移籍を希望したところ、マンチェスターUは断固として拒否した。これに対してブラッター会長は、「選手はクラブの奴隷ではない」と、マンチェスターUを批判したのだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 515文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[オリンピック直前特集]ニッポン最強宣言。
ルイス・フェリペ・スコラーリ
ジョゼ・モウリーニョ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ