SCORE CARDBACK NUMBER

武豊も胸が一杯になった、
数多くの人々の善意。
~騎手会による被災地支援の成果~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph bySPORTS NIPPON

posted2011/04/12 06:00

武豊も胸が一杯になった、数多くの人々の善意。~騎手会による被災地支援の成果~<Number Web> photograph by SPORTS NIPPON

阪神で募金活動を行なう武豊騎手会長の隣には、高松宮記念を制したリスポリ騎手の姿も

 常に前向きな姿勢を崩さない武豊騎手でも、騎手会長の重責を背負えば考え方も慎重になる。大震災から僅か8日後の競馬開催の決定については「この状況下で競馬を再開して本当にいいのだろうか」と腰が引けていたというのだ。「平常心で乗れるとは思いません」とも言い、実は開催に消極的。この心情は、プロ野球の選手会長、タイガースの新井選手とダブって見えた気がした。

 それでもJRAは「競馬を開催することで被災地を側面から支援したい」と積極策を打ち出した。停電の可能性がある中山や、被災地そのものである福島は中止としたが、阪神と小倉は「東北関東大震災被災地支援競馬」として開催。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 648文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

黄金世代がプロ野球を面白くする。

関連記事

武豊

競馬の前後の記事

ページトップ