NumberEYESBACK NUMBER

開催中止に日程変更で
どうなる? 春のクラシック。
~3歳牡馬は大混戦のまま皐月賞へ~
 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2011/04/14 06:00

開催中止に日程変更でどうなる? 春のクラシック。~3歳牡馬は大混戦のまま皐月賞へ~<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

スプリングSを勝ったオルフェーヴル。池添騎手は「完璧」と評価

 中央競馬は、被災地福島の開催中止をいち早く決め、皐月賞を含む中山の開催についても安全確保が難しいことを理由に中止とした。しかし西日本地区の開催は震災の翌週から「被災地支援競馬」として行なう積極策を選択。内部でも賛否両論割れたそうだから、非常に難しい判断ではあったはずだ。馬券の売り上げから一定の割合の金額を義援金として被災地に拠出する「復興競馬」とするのが望ましかったわけだが、それには法的手続きが必要で3カ月ほどの時間がかかるのだという。堅苦しいものだ。

 競馬の根幹を成すクラシックレースだって、「すべて中止にならなくてよかった」という関係者の安堵はまさに本音。この国難のさなかだけにどう開催すべきかは情勢次第で今後も柔軟に考えなければいけない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1078文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

黄金世代がプロ野球を面白くする。

競馬の前後の記事

ページトップ