SCORE CARDBACK NUMBER

勝利に匹敵する感動。中野真矢の3位表彰台。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

posted2004/10/07 00:00

 レースを終えた中野真矢が、「表彰台に立ったなんて夢のようだ」と語った。その夢を、現実に目の前で見せられたファンもまた、確かに、信じられないような気分だった。9月19日、ツインリンクもてぎで行われたWGP第12戦日本GP。勝ったのは、予選でポールポジションを獲り、優勝候補の筆頭に挙げられた玉田誠だった。しかし、中野の表彰台は、期待こそすれ誰も予想していなかっただけに、日本のファンに玉田の優勝に匹敵する大きな感動を与えた。

 中野にとってはMotoGPで初めて。20年という長いブランクからGPに復帰して3年目を迎えるカワサキにとっては、実に23年ぶりの表彰台だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 641文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

2004 Japan GP Preview Formula1

Sports Graphic Number 612

2004 Japan GP Preview Formula1

 

中野真矢

MotoGPの前後の記事

ページトップ