SCORE CARDBACK NUMBER

勝ち方を知り尽くしたロッシの
潔い“負け方”。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

posted2004/09/09 00:00

 シーズン後半戦の最初のレースとなったチェコGPは、チャンピオン争いをする3選手が表彰台に立った。勝ったのはS・ジベルノーで、ポイントリーダーのV・ロッシとの差を詰めることに成功した。ロッシとジベルノーの差は、22点から17点へ。一方、3位に終わったM・ビアッジは、22点差から26点差へと広がった。

 レースは、ホンダ勢4人とヤマハのロッシの戦いとなった。その中から、A・バロス、N・ヘイデンが転倒で脱落するという厳しい戦いとなり、終盤、ロッシの追撃を振り切るためにペースを上げたジベルノーが優勝した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

バレンティーノ・ロッシ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ