欧州CL通信BACK NUMBER

「諦めないよ」と内田に微笑んだ長友。
CL前王者インテルがホームで5失点!! 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byMaurizio Borsari/AFLO

posted2011/04/06 12:30

「諦めないよ」と内田に微笑んだ長友。CL前王者インテルがホームで5失点!!<Number Web> photograph by Maurizio Borsari/AFLO

「日本の皆さんに、僕らの気持ちは絶対に伝わると思っていたので、必死に戦いました」(長友)。「チャンピオンズリーグでの日本人対決は初めてになるのかな? 今後、次から次へと日本人選手は出てくると思うんで……」(内田)

長友と内田の対決が、ついに欧州CLの舞台で実現!!

 ようやく投入された背番号55は、左サイド中盤へ。

 32分、スナイデルからのパスをエトーが左サイドで受けると、その裏を快走し、PA内中央へ走りこむ。しかし、瞬時にエトーをマークした内田が、長友へのクロスを封じこめた。

 47分、逆に内田が思い切ってPA内右に持ち込んだ。もはや足の止まったインテルの選手で内田を追える者は長友をおいていない。追いついた長友は体を入れ、何とか未然に防いだものの、数秒後にはインテルの完全ノックアウトを告げるタイムアップの笛を聴くことになった。

「今日はラッキーでした」と言う内田と「諦めないよ」と笑う長友。

 計7ゴールの乱打戦を制したのは、8強のうちシャフタルと並んで力が劣ると見られていたシャルケだった。

 インテルが受けたショックは大きい。

「最高の形で試合を始められたのに、あんな形で終わると誰が予想できただろう……この負けは相当にきつい」

 試合後、レオナルドは嗄れた声で言うので精一杯だった。

 長友は開口一番「シャルケとウッチーがすばらしいサッカーをした。それだけです」と明朗に言い放った。

 それが悔しさを押し殺した、彼なりの表現なのだと誰もが推察した。CL準々決勝、前年王者がホームで5失点負け。これを屈辱と言わずして何と呼ぼう。澄ました顔の内田の肩に手をかけたまま、長友は笑いかける。

「なに“もう勝負は決まった”みたいな顔してんだよ。まだ90分あるよ。俺はあきらめないよ」

 長友と内田のやり取りは、まるで部活の練習試合が終わった後のように、爽やかで明るい。だが、それはまぎれもなくヨーロッパのベスト4をめぐる峻烈な真剣勝負の場だ。

「今日はラッキーでした。状況的にね」

「負けねえよ。諦めないよ」

 内田が言えば、長友はくり返した。8日後、二人の再会はシャルケのホーム、ゲルゼンキルヘンだ。

関連記事

BACK 1 2 3
長友佑都
内田篤人
インテル
シャルケ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ