NumberEYESBACK NUMBER

モウリーニョ電撃退任。その真相と余波を探る。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

posted2007/10/18 00:00

 「モウリーニョ退任」

 この衝撃的な一報が英国内で流れたのは9月19日の深夜だった。まさに寝耳に水。過去3年間、欧州サッカー界に旋風を巻き起こしてきたモウリーニョ&チェルシーの連合軍は、予想もしないほどあっけなくコンビを解消することになった。

 チェルシーのバック会長によれば、退任の理由は「クラブとジョゼ(モウリーニョ)との関係が継続不可能となった」ことだという。

 ただし、この説明には補足が必要だろう。バックが言う「クラブ」とは、オーナーのアブラモビッチを指すからだ。昨季途中に表面化したモウリーニョとアブラモビッチの確執は、監督がオーナーの望む攻撃的サッカーへのスタイル変更を承諾したことで、一旦は収まったかに見えた。だが自尊心の強い両者はどちらも納得しておらず、ついには互いに我慢の限界に達してしまったようだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1018文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['07秋・G1シリーズ開幕]日本競馬の逆襲。
ジョゼ・モウリーニョ
チェルシー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ