NumberEYESBACK NUMBER

1勝4敗だが進歩も見えたカーワン・ジャパン。 

text by

村上晃一

村上晃一Koichi Murakami

PROFILE

posted2007/07/12 00:00

 カーワン・ジャパンの真価が問われたパシフィック・ネーションズカップが終わった。格上の5チームと戦い、1勝4敗。9月開幕のラグビーワールドカップ(W杯)での飛躍を期すチームの戦績としては心もとないが、ジョン・カーワンヘッドコーチ(HC)は言った。

 「ポジティブな要素の多い大会でした。ターゲットに的確に向かっているのは間違いありません」

 強化の足取りは確かに見えた。5月26日のフィジー戦では、素速く前に出る組織防御が機能し、スクラム、ラインアウトも安定。前半を15−3とリードする。ところが、後半立ち上がりのミスから簡単にトライを許し、大黒柱のNO8箕内拓郎キャプテンが負傷退場すると浮き足だって組織は崩壊。精神的脆さを露呈した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1049文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オシムはアジアを制するか。Asian Cup 2007 Preview

ラグビーの前後の記事

ページトップ