SCORE CARDBACK NUMBER

4年生FWの奮闘で早稲田が覇権奪回へ。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

posted2007/07/26 00:00

 38対0である。

 大学ラグビー『春の早関戦』。過去6年間、この試合の勝者が大学選手権で優勝を飾っているという本番を占う決戦。今季は7月1日に横浜・三ツ沢で行われ、早稲田が大差で関東学院を退けた。

 勝因はスクラムだ。開始4分、関東ボールを早稲田エイトがグイと押し込んでターンオーバーしたのを号令に、14分にはスクラムでの関東の反則から速攻に出てNo.8豊田将万が先制トライ。23分には関東ゴール前のスクラムを押し込み、相手No.8が持ち出したボールを奪うやルーキーSO山中亮平がインゴールへ。後半は11分と15分、ともにスクラムを押し込んでからボールを受けたFB五郎丸歩が余裕の連続フィニッシュ。33分にはとうとうペナルティトライまで……5トライすべてが、スクラムの猛プッシュを起点に記録されたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 566文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ラグビーの前後のコラム

ページトップ