サッカー 

遠藤航の“待つことができる”才能。ブンデス昇格へ、試運転は済んだ。

欧州サッカーPRESS

遠藤航の“待つことができる”才能。
ブンデス昇格へ、試運転は済んだ。

移籍から2カ月半、このときを待ち続け、このときのために準備し続けてきた。待てども待てども出場機会は訪れない。そんな時間を… 続きを読む

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

2020/01/16

水沼貴史が衝撃を受けた1977年1月。静学のドリブルと井田イズムは今も。

水沼貴史のNice Middle!

水沼貴史が衝撃を受けた1977年1月。
静学のドリブルと井田イズムは今も。

「静岡学園との決勝」といえば……実は私も対戦経験があります。 続きを読む

水沼貴史Takashi Mizunuma

2020/01/15

第1回目のレフ・ヤシン賞の受賞者。リバプールGK、アリソン独占取材!

フランス・フットボール通信

第1回目のレフ・ヤシン賞の受賞者。
リバプールGK、アリソン独占取材!

「メッシのおかげで僕は成長した。どんな小さなミスも彼は見逃さないから、集中力が飛躍的に高まった。予測不能な彼はGKにとって… 続きを読む

パトリック・ソウデンPatrick Sowden

2020/01/15

五輪世代のヤンチャ坊主・邦本宜裕。復活を支えた韓国のヤンキー先生。

海外サッカーPRESS

五輪世代のヤンチャ坊主・邦本宜裕。
復活を支えた韓国のヤンキー先生。

慶南にテスト入団後、通訳なしでの暮らしが始まった。「ひとりでコンビニに水すら買いに行けない。銀行に行っても韓国語で話しか… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2020/01/15

『うつ白 そんな自分も好きになる』双子のサッカー選手が明かすうつとの凄絶な戦い。

新刊ドラフト会議

『うつ白 そんな自分も好きになる』
双子のサッカー選手が明かす
うつとの凄絶な戦い。

目の焦点が合わない。新聞を読んでも文章が頭の中に入ってこないし、思考することもできない。心臓の鼓動が激しく、手足も冷たく… 続きを読む

中野和也Kazuya Nakano

有料

2020/01/15

選手権V静岡学園の「勝つ意識」。上手いだけでは青森山田を崩せない。

“ユース教授”のサッカージャーナル

選手権V静岡学園の「勝つ意識」。
上手いだけでは青森山田を崩せない。

青森山田は徹底した「山田スタイル」を体現し、プレミアリーグでは日本トップレベルのテクニカルなチームをはじき返してきた。だ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2020/01/14

「足りないものが多すぎる……」トルシエも絶句のシリア戦敗北の中身。

ワインとシエスタとフットボールと

「足りないものが多すぎる……」
トルシエも絶句のシリア戦敗北の中身。

「まず言いたいのはこれが本当の日本代表ではないということだ。そうだろう。チームに加わっていない選手がまだたくさんいる。し… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2020/01/14

西野朗率いるタイ、東京五輪なるか。時間の使い方は未熟も気概はある。

球体とリズム

西野朗率いるタイ、東京五輪なるか。
時間の使い方は未熟も気概はある。

「選手たちは最大限のパフォーマンスを見せてくれたと思います」と試合後の記者会見で西野監督は言った。その場所に居合わせた全… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2020/01/14

リバプール右SBアーノルドが持つ、ジェラード級の潜在能力って何だ?

欧州サッカーPRESS

リバプール右SBアーノルドが持つ、
ジェラード級の潜在能力って何だ?

今夏のヨーロッパ選手権、2年後のカタールワールドカップで定位置をつかむ可能性が最も高いのは、リバプールのトレント・アレク… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2020/01/14

アフリカの小国・ジブチが起こしたサッカーW杯一次予選突破の奇跡!

フランス・フットボール通信

アフリカの小国・ジブチが起こした
サッカーW杯一次予選突破の奇跡!

「結果がどうであれ誇り高くピッチを後にしたい。希望と野心を常に持っていたいんだ。ゼロからのスタートではない。すでに0.5は… 続きを読む

フランク・シモンFrank Simon

2020/01/14

東京五輪世代の問題点を整理する。出ない声、固まらぬ編成、濃い疲労。

Jをめぐる冒険

東京五輪世代の問題点を整理する。
出ない声、固まらぬ編成、濃い疲労。

まるで伝わって来なかった。黒星スタートになったことへの危機感も、だからこそ2戦目は必勝を期すという気迫も、東京五輪のメン… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2020/01/13

若返る長谷部誠、宮市亮は右SBに。ブンデス日本人・前半戦通信簿。

ブンデス・フットボール紀行

若返る長谷部誠、宮市亮は右SBに。
ブンデス日本人・前半戦通信簿。

僕の住むドイツ・フランクフルトは本格的な冬の季節が到来しました。空にはどんよりとした鉛色の雲が広がり、朝10時くらいには空… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

2020/01/13

「ミョウジン」と呼べばよいのだ。~明神智和という希少な存在感~

Beyond The Game

「ミョウジン」と呼べばよいのだ。
~明神智和という希少な存在感~

ひとりをずっと追う。集団競技の観戦の密かな楽しみだ。昔、ある男について実行してみた。2003年7月26日。国立競技場。午後7時2… 続きを読む

藤島大Dai Fujishima

有料

2020/01/12

福西崇史が五輪世代シリア戦に望む、「ネガティブな空気を変える存在」

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が五輪世代シリア戦に望む、
「ネガティブな空気を変える存在」

勝つしかなくなったぶんだけ。試合展開について難しく考えず、割り切れることをプラスに考えてほしい。サウジ戦については当然、… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2020/01/12

サウジ戦PK献上は「ありえない」。DF岡崎慎、這い上がるための教訓。

サッカー日本代表PRESS

サウジ戦PK献上は「ありえない」。
DF岡崎慎、這い上がるための教訓。

後半40分。ボールを受けようとした岡崎慎は、古賀太陽からのパスが背後を通ったことで一瞬、迷いが生まれる。GKの大迫敬介と古賀… 続きを読む

林遼平Ryohei Hayashi

2020/01/11

イブラ様は迷えるミランを救えるか?「性悪になって帰ってきたぜ!」

セリエA ダイレクト・レポート

イブラ様は迷えるミランを救えるか?
「性悪になって帰ってきたぜ!」

ズラタン・イブラヒモビッチの別荘地に行ったことがある。北欧スウェーデンの首都ストックホルムから空路で1時間北上して、さら… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

2020/01/11

トルシエが一刀両断したサウジ戦。「攻撃面は何もなかった。ゼロだ」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエが一刀両断したサウジ戦。
「攻撃面は何もなかった。ゼロだ」

「何故なら攻撃が十分ではなかったからだ。ゼロと言ってもいい。攻撃面は、本当に何もなかった。シュートもあまりなかった。得点… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2020/01/10

1つのミスでサッカー人生は変わる。サウジ戦終盤、共通認識はあったか。

Jをめぐる冒険

1つのミスでサッカー人生は変わる。
サウジ戦終盤、共通認識はあったか。

果たして、試合の終わらせ方は、チーム内で共有されていたのか――。タイで行なわれているU-23アジア選手権。東京五輪のアジア最… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2020/01/10

誰からも好かれるアンチェロッティ。中位で喘ぐエバートンの再建なるか。

プレミアリーグの時間

誰からも好かれるアンチェロッティ。
中位で喘ぐエバートンの再建なるか。

マージーサイドでは、実力者としても人格者としても人気の両監督が、同じ市内で指揮を執ることになった。ただし、アンチェロッテ… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

2020/01/10

U-23選手権、ポジション争い構図。東京五輪の18人に生き残るのは誰?

Jをめぐる冒険

U-23選手権、ポジション争い構図。
東京五輪の18人に生き残るのは誰?

これまでメディアに対して「サバイバル」「生き残り」という言葉をあまり発してこなかった森保一監督が、会見やその後の囲み取材… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2020/01/09

サッカー日本代表
Jリーグ
海外サッカー
高校サッカー

ページトップ