サッカー日本代表 

W杯連勝スタートの初快挙なるか?西野監督がセネガル戦で目論む策。

サッカー日本代表PRESS

W杯連勝スタートの初快挙なるか?
西野監督がセネガル戦で目論む策。

運命の、一戦である。「セネガルの特徴は肉体の強さや速さだけではない。個々の強さや速さを生かすために、攻撃の権利を得るため… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/06/24

トルシエが脱帽する西野采配。「柴崎や乾の先発に意志を感じた」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエが脱帽する西野采配。
「柴崎や乾の先発に意志を感じた」

フィリップ・トルシエは、日本が2大会ぶりのワールドカップ勝利を収めたコロンビア戦をどう見ているのか。西野朗監督の勝利、日… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/06/24

原口元気は欲求と折り合いをつける。セネガル戦、勝利と攻撃と対応力を。

サッカー日本代表PRESS

原口元気は欲求と折り合いをつける。
セネガル戦、勝利と攻撃と対応力を。

西野ジャパンの白星発進は、正直なところ意外な驚きだった。 勝ち点1を取れればいい、仮に負けても落胆せずに次までに立て直す… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2018/06/23

コロンビア戦の感動をどう伝えるか。フジアナウンサー、もう1つの戦い。

サッカー日本代表PRESS

コロンビア戦の感動をどう伝えるか。
フジアナウンサー、もう1つの戦い。

日本代表がコロンビアに劇的勝利を収め、日本中が歓喜に沸いた6月19日、私たちフジテレビクルーにももう1つの戦いがありました。 続きを読む

鈴木唯(フジテレビアナウンサー)Yui Suzuki

2018/06/23

コロンビア戦前後で心境に変化は?選手たちの発言に見るブレない軸。

サッカー日本代表PRESS

コロンビア戦前後で心境に変化は?
選手たちの発言に見るブレない軸。

2014年ワールドカップ・ブラジル大会。初戦コートジボワール戦での逆転負け、ひとり多い状態ながら得点できずに引き分けた第2戦… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/06/22

漫画家・高橋陽一にとってのサッカー日本代表

サッカー日本代表 激闘日誌

漫画家・高橋陽一にとってのサッカー日本代表

パッと頭に浮かぶのは、あの木村和司さんの直接フリーキックですよね。メキシコワールドカップのアジア最終予選、ホームの韓国戦… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/06/22

フォトグラファー今井恭司が撮った激闘の瞬間

サッカー日本代表 激闘日誌

フォトグラファー今井恭司が撮った激闘の瞬間

Jリーグが始まる10年も前の時代、日本サッカー協会も予算がなく、職員も所属企業からの出向で、選手も基本的には無報酬でした。 続きを読む

今井恭司Kyoji Imai

2018/06/22

オシムが喜んだのは勝利だけでない。「香川は円熟の境地。酒井は力強い」

ワインとシエスタとフットボールと

オシムが喜んだのは勝利だけでない。
「香川は円熟の境地。酒井は力強い」

前日にアシマ夫人との電話で、日本対コロンビア戦後にイビチャ・オシムに試合の論評を聞くことを確認した。ところが試合後の記者… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/06/22

昌子源がW杯初戦で貫いた信念。誰よりも「何が何でも守りきる」。

“ユース教授”のサッカージャーナル

昌子源がW杯初戦で貫いた信念。
誰よりも「何が何でも守りきる」。

「危険なところに昌子がいる」――。ロシアW杯の初戦・コロンビア戦は昌子源にとって記念すべきW杯デビュー戦となった。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2018/06/21

ワールドカップと最短退場者。C・サンチェスは史上2番目だった。

スポーツ・インサイドアウト

ワールドカップと最短退場者。
C・サンチェスは史上2番目だった。

カルロス・サンチェスが右手を出した瞬間、私は短く叫んでいた。たぶん、数百万を超える人々が一斉に叫んだにちがいない。ロシア… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

2018/06/21

<歩みをとめない者たち>料理人・西芳照がサッカー日本代表と故郷に注ぎ続ける愛情。

Sports Graphic Number Web

<歩みをとめない者たち>
料理人・西芳照がサッカー日本代表と故郷に注ぎ続ける愛情。

今年3月にオープンした福島・広野町の商業施設にあるフードコート「くっちぃーな」には、サッカー日本代表やクラブのユニフォー… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2018/06/21

福西崇史も思わず「いいね」と感心。柴崎岳、変幻自在のパス&ドリブル。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史も思わず「いいね」と感心。
柴崎岳、変幻自在のパス&ドリブル。

初戦での勝点3、本当に良かった! 心からそう思うとともに、サッカーはやってみないと、本当に分からないものだなと改めて感じ… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2018/06/20

あなたが選ぶ、コロンビア戦のMVPは?

言わせろ!ナンバー

あなたが選ぶ、コロンビア戦のMVPは?

Number編集部Sports Graphic Number

2018/06/20

香川が呼んだ必然のPK+一発退場。コロンビアを脅かした「強い選択」。

サッカー日本代表PRESS

香川が呼んだ必然のPK+一発退場。
コロンビアを脅かした「強い選択」。

日本代表のゲームで試合終了のホイッスルがこれほど待ち遠しかったのは、いったいいつ以来だろう。5分の追加タイムはひどくじれ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/06/20

元代表・吉原宏太から西野ジャパンへ。「だからすぐ次に夢をつくらないと」

サッカー日本代表「キャップ1」の男たち

元代表・吉原宏太から西野ジャパンへ。
「だからすぐ次に夢をつくらないと」

時差ボケで頭がぼーっとしたままの感覚。夢だった日本代表になれたという高揚感。そしてパラグアイが強すぎて歯が立たない衝撃。… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2018/06/19

「危機感はない」発言は多分正しい。川口能活の記憶と、西野流の原点。

サッカー日本代表PRESS

「危機感はない」発言は多分正しい。
川口能活の記憶と、西野流の原点。

日本人最多の4度のW杯に出場した川口能活には、大会ごとに忘れられない記憶がある。チームのキャプテンに指名された2010年の南ア… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/06/19

リオ世代を診たドクターが明かす、大島、植田、遠藤の素顔とタフさ。

サッカー日本代表PRESS

リオ世代を診たドクターが明かす、
大島、植田、遠藤の素顔とタフさ。

ロシア・ワールドカップを戦う日本代表23人の中で、2016年のリオデジャネイロ・オリンピック(以下リオ五輪)に出場した選手は以… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/06/18

オシムがコロンビア戦に見る希望。「岡崎と乾、香川。そこに本田も」

ワインとシエスタとフットボールと

オシムがコロンビア戦に見る希望。
「岡崎と乾、香川。そこに本田も」

イビチャ・オシムは現在、グラーツに滞在している。当初は日本対パラグアイ戦を観戦にインスブルックまで出向くことも考えたが、… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2018/06/18

ヒディンク采配が西野監督の憧れ。ロマンに酔わず「強い選択」を。

サッカー日本代表PRESS

ヒディンク采配が西野監督の憧れ。
ロマンに酔わず「強い選択」を。

世界を驚かせたあの采配を、日本代表の西野朗監督はロシアW杯で再現しようとしている。「ああいう大舞台でああいう采配ができる… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2018/06/18

藤田俊哉が語る代表選手の“性分”。「重圧に見えても、それすら喜び」

藤田俊哉の日欧蹴球比較論

藤田俊哉が語る代表選手の“性分”。
「重圧に見えても、それすら喜び」

西野明監督が選んだロシアW杯最終メンバー、日本代表23名がヨーロッパでの直前キャンプに臨んでいる。コロンビア戦を目前に控え… 続きを読む

藤田俊哉Toshiya Fujita

2018/06/18

ページトップ