サッカー日本代表 

南野拓実は代表で「戦える選手」だ。ゴールとアシスト以上に示した価値。

サッカー日本代表PRESS

南野拓実は代表で「戦える選手」だ。
ゴールとアシスト以上に示した価値。

「ゴールの意味は……ないッスね。負けたので。日本にとって、この大会は優勝しないと意味がないと思って僕は戦っていた。優勝に… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2019/02/07

アジア杯に長谷部誠がいたら……という想像と、世代交代の難しさ。

サッカー日本代表PRESS

アジア杯に長谷部誠がいたら……
という想像と、世代交代の難しさ。

アジアカップで日本は準優勝に終わった。もちろん2位になったことを讃えたいところだが、期待値の高さや諸条件から考えても、や… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2019/02/06

南野拓実ならアジア杯での批判も、反骨心に変えられる。その根拠。

“ユース教授”のサッカージャーナル

南野拓実ならアジア杯での批判も、
反骨心に変えられる。その根拠。

アジアカップ決勝、日本vs.カタールの一戦。1-3の状況だった89分に交代を告げられた後、ベンチに座るFW南野拓実が何度もテレビ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/02/05

トルシエ、カタール戦の森保Jを嘆く。「優しさに満ちて無味無臭だった」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエ、カタール戦の森保Jを嘆く。
「優しさに満ちて無味無臭だった」

負けたからこそ語るべき点も多かった日本対カタールのアジアカップ決勝。両国で代表監督の経験があるフィリップ・トルシエは試合… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2019/02/05

オシムが指摘した勇敢さの欠如。「それでも日本は大きく進歩した」

ワインとシエスタとフットボールと

オシムが指摘した勇敢さの欠如。
「それでも日本は大きく進歩した」

アジアカップ決勝の日本対カタール戦は日本の完敗に終わった。言い訳の余地のない敗戦を、イビチャ・オシムはどう見たのか。オシ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2019/02/04

森保ジャパン準優勝はよく戦ったが、痛かったイラン戦後の心の緩み。

サッカー日本代表PRESS

森保ジャパン準優勝はよく戦ったが、
痛かったイラン戦後の心の緩み。

決勝戦で敗れたチームにとって、優勝セレモニーは苦痛でしかない。すぐにでもロッカールームへ引き上げたいはずなのに、勝者を讃… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/02/02

福西崇史が悔やむカタール戦敗因。ただ大迫&武藤の縦関係は機能した。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が悔やむカタール戦敗因。
ただ大迫&武藤の縦関係は機能した。

難しい相手と見ていたカタールに、見事な試合の進め方をされてやられてしまいました。日本も後半に入ってから修正してあと一歩ま… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2019/02/02

日本の真の実力にトルシエが言及。「まだ日本のマキシマムではない」

ワインとシエスタとフットボールと

日本の真の実力にトルシエが言及。
「まだ日本のマキシマムではない」

フィリップ・トルシエは日本対イラン戦の前日にボスニア・ヘルツェゴビナを離れ、パリの自宅に戻った。パリに滞在する時間は短い… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2019/02/01

決勝の相手カタールを徹底分析。アリのカウンターを冨安が防ぐ。

サッカー日本代表PRESS

決勝の相手カタールを徹底分析。
アリのカウンターを冨安が防ぐ。

キーワードは「対応力」である。日本時間2月1日23時にキックオフされるアジアカップ決勝で、日本はカタールと対峙することになっ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/02/01

覚醒を迎えた冨安と吉田が揃えば、ロングボール戦術はもう怖くない!?

サッカー日本代表PRESS

覚醒を迎えた冨安と吉田が揃えば、
ロングボール戦術はもう怖くない!?

強豪によって引き出されたのは、日本代表DF冨安健洋(シント・トロイデン)のたぐいまれなる能力とポテンシャルだった。 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2019/02/01

森保Jの「プレーを止めるな!」。冨安や南野が体現した監督の理想。

サッカー日本代表PRESS

森保Jの「プレーを止めるな!」。
冨安や南野が体現した監督の理想。

プレーを止めるな! それこそ森保一監督が、強く求めてきたものである。戦術面のアイデアやプレーモデルについて批判を受けなが… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2019/01/31

カタールとの決勝直前、オシムの言葉。「メディアが障害になる可能性が」

ワインとシエスタとフットボールと

カタールとの決勝直前、オシムの言葉。
「メディアが障害になる可能性が」

日本対イランのアジアカップ準決勝試合直後に、イビチャ・オシムのグラーツの自宅に電話をした。するとアシマ夫人に、少し休みた… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2019/01/31

福西崇史が見た森保Jとイランの差。「メンタルが冷静か、動揺したか」

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が見た森保Jとイランの差。
「メンタルが冷静か、動揺したか」

イラン戦、引きしまった展開の中で日本は守備・攻撃ともに素晴らしい戦いぶりを見せてくれました。両チームとも個人能力が高いか… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2019/01/29

森保ジャパンはこんなに強かった。イランを粉砕した本領発揮の理由。

サッカー日本代表PRESS

森保ジャパンはこんなに強かった。
イランを粉砕した本領発揮の理由。

森保一監督と選手たちにとって、心地良い復讐の叫びだったに違いない。現地時間1月28日18時にキックオフされたアジアカップ準決… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/01/29

森保Jがイランを上回る要素は何か。原口元気、堂安律の言葉がヒント。

サッカー日本代表PRESS

森保Jがイランを上回る要素は何か。
原口元気、堂安律の言葉がヒント。

武器を持たずに勝てる戦などない。では、今の日本代表の何が武器になるだろうか。1月28日、日本時間の23時から行なわれるアジア… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2019/01/28

オシムから森保Jへ愛ある叱咤激励。「アジアをリードすべきだからこそ」

ワインとシエスタとフットボールと

オシムから森保Jへ愛ある叱咤激励。
「アジアをリードすべきだからこそ」

日本がベトナムをかろうじて振り切ったアジアカップ準々決勝をイビチャ・オシムはどう見たのか。試合直後にオシムに話を聞いた。 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2019/01/28

権田修一が9年間待ち続けた感覚。「代表の重みをこんなに感じるとは」

サッカー日本代表PRESS

権田修一が9年間待ち続けた感覚。
「代表の重みをこんなに感じるとは」

9年もの間にわたって待ち続けた感覚を、権田修一は全身で噛み締めている。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/01/28

イランは最強だがトルシエは楽観。「日本にはまだまだ余力がある」

ワインとシエスタとフットボールと

イランは最強だがトルシエは楽観。
「日本にはまだまだ余力がある」

フィリップ・トルシエは今、ハノイを離れ一時的にヨーロッパに戻っている。日本対ベトナム戦がおこなわれた1月24日を彼はサラエ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2019/01/28

福西崇史が称える森保JのVAR対応と、強敵イランの要注意人物はアズムン。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が称える森保JのVAR対応と、
強敵イランの要注意人物はアズムン。

ベトナム戦は1-0と、またも1点差勝利となりました。それでもピッチに立った選手たちは今大会の中で初めて経験したことにも、し… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2019/01/25

森保Jの攻撃には大迫勇也が不可欠。連動性が高まらぬ攻撃を1人で改善。

サッカー日本代表PRESS

森保Jの攻撃には大迫勇也が不可欠。
連動性が高まらぬ攻撃を1人で改善。

UAEのモハメド・アブドゥラ・ハサン主審が、この試合で最後となるホイッスルを吹く。堂安律は両手を膝につき、冨安健洋は小さく… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2019/01/25

ページトップ