#1076
巻頭特集

記事を
ブックマークする

「野球界のユニコーンは実在した」佐々木朗希は実在する“シド・フィンチ”だ【WBC担当記者が綴る】

2023/07/08
38年前、米スポーツ誌に架空の大物新人投手の記事が載った。WBCで来日した記者は、佐々木をその伝説の投手に重ね合わせる。

 当たり前だ。人間の印象は最初に決まる。そのチャンスを佐々木朗希は生かし切った。3月20日、マイアミはローンデポ・パーク。WBC準決勝のことである。

 メキシコ代表のスーパースター、ランディ・アロザレーナと対峙する。2020年にレイズでポストシーズン10本塁打の新記録を打ち立てた、大舞台でこそ真価を発揮する男は、佐々木にとってタフな相手になるはずだった。

 101マイル(約163km)、100マイル(約161km)の速球を2つ。続けて92マイル(約148km)のフォークを2球投げた佐々木が、獲物を仕留めにかかる。カウント2-2から102マイル(約164km)の速球を真ん中へ。火を吹くような球にバットが空を切った。大会前から佐々木のショート動画を漁っていたようなファンにとって2人の対戦はひとつの証拠になった。野球界のユニコーンは実在した、と。

 4回3奪三振も3失点と、試合全体を見ればメキシコ打線を圧倒したとまでは言えない。それでも21歳の投球はじつに力強かったし、あのファストボールとフォークは紛れもなくリアルだった。余談だが、速球の威力は誰よりもウィリー・エスカラに聞くのがいい。101マイルの死球を足に食らい、翌々日に佐々木から日本の菓子(お詫びの品)を贈られたあのチェコ代表選手である。

 話を戻そう。佐々木が降板した後のマウンドには、より経験豊かな山本由伸が上がった。佐々木をジャスティン・バーランダー風と評すなら、小柄な山本はペドロ・マルティネス風とでも言おうか。3回1/3を投げて4三振を奪った。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Naoya Sanuki
前記事 次記事