著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

田中耕Koh Tanaka

1964年、福岡市生まれ。新聞社時代に福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)などを担当。2002年の日韓サッカーワールドカップ、04年のアテネ五輪など数多くの国際大会を取材。10年には記者でありながらアビスパ福岡の役員に就任。経営難と成績不振で低迷するクラブの再建を託され、就任1年目でチームをJ1昇格に導いた。著書に「僕は運命を信じない 不滅のボクサー坂本博之物語」 「Peace Hill 天狗と呼ばれた男 岡部平太物語」など。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
告白して玉砕すること6回、14年の恋物語の結末は?「僕がヒダカになる」還暦ボートレーサー日高逸子を支える“理想のパートナー”

Number Ex

告白して玉砕すること6回、14年の恋物語の結末は?「僕がヒダカになる」還暦ボートレーサー日高逸子を支える“理想のパートナー”

1985年にボートレーサーとしてデビューした日高逸子は、トップ選手への階段を確実に上っていった。そんな彼女を支えながら、その… 続きを読む

田中耕Koh Tanaka

その他スポーツ

2022/08/12

「夏休みのある朝、母が消えた」父の暴力と貧乏生活…“ボートレース界のグレートマザー”日高逸子60歳が過ごした壮絶な幼少期

Number Ex

「夏休みのある朝、母が消えた」父の暴力と貧乏生活…“ボートレース界のグレートマザー”日高逸子60歳が過ごした壮絶な幼少期

還暦を過ぎても進化の歩みを止めないボートレース界のグレートマザー、日高逸子。その強さの源は、彼女の壮絶な生い立ちにあった… 続きを読む

田中耕Koh Tanaka

その他スポーツ

2022/08/12

60歳で優勝、最低クラスから“奇跡のカムバック”…ボートレーサー日高逸子が走り続ける理由「どん底からはい上がるのが私らしい」

Number Ex

60歳で優勝、最低クラスから“奇跡のカムバック”…ボートレーサー日高逸子が走り続ける理由「どん底からはい上がるのが私らしい」

ボートレース界をけん引する福岡市在住の60歳、日高逸子。2020年秋に最低ランクのB2級まで陥落しながらも、今年7月に最高ランク… 続きを読む

田中耕Koh Tanaka

その他スポーツ

2022/08/12

ページトップ