著者プロフィール 

安藤隆人Takahito Ando

1978年2月9日生まれ。岐阜県出身。大学卒業後、5年半の銀行員生活を経て、フリーサッカージャーナリストに。育成年代を大学1年から全国各地に足を伸ばして取材活動をスタートし、これまで本田圭佑、岡崎慎司、香川真司、柴崎岳など、今の日本代表の中心メンバーを中学、高校時代から密着取材。国内だけでなく、海外サッカーにも精力的に取材をし、これまで37カ国を訪問している。2013年~2014年には『週刊少年ジャンプ』で1年間連載を持った。現在はテレビ、ラジオなど幅広く活動し、講演会も月2のペースで行っており、全国、世界を飛び回っている。主な著書は『走り続ける才能達 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)などがある。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
大分生まれ、浦和育ち、湘南で還元中。梅崎司にとって古巣戦は「幸せ」だった。

“ユース教授”のサッカージャーナル

大分生まれ、浦和育ち、湘南で還元中。
梅崎司にとって古巣戦は「幸せ」だった。

「この2連戦は学びの多かった時間だった」湘南ベルマーレMF梅崎司は、J1第11節の大分トリニータ戦、12節の浦和レッズ戦と立て続… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/25

U-20W杯初戦で南米得点王を封殺。CB瀬古歩夢に漂うリーダーの風格。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20W杯初戦で南米得点王を封殺。
CB瀬古歩夢に漂うリーダーの風格。

エースを封じる大役を任された男は、時間が経つごとに集中力を研ぎ澄ましていった。U-20W杯の開幕戦、南米王者のU-20エクアドル… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/24

影山ジャパンの初戦は南米王者と。U-20W杯、決勝T進出の可能性は?

“ユース教授”のサッカージャーナル

影山ジャパンの初戦は南米王者と。
U-20W杯、決勝T進出の可能性は?

いよいよ23日からポーランドで開催されるU-20W杯が開幕する。ここでは日本がグループリーグで対戦する3カ国の紹介を中心に、大会… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/21

チョウ監督と被るクロップの姿。大誤審があっても湘南が勝てた理由。

“ユース教授”のサッカージャーナル

チョウ監督と被るクロップの姿。
大誤審があっても湘南が勝てた理由。

この日の埼玉スタジアムは計4回、異様な雰囲気に包まれた。J1第12節の浦和レッズvs.湘南ベルマーレの一戦は、長いJリーグの歴史… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/20

U-20W杯に滑り込んだアタッカー。G大阪・中村の「敬斗ゾーン」を見よ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20W杯に滑り込んだアタッカー。
G大阪・中村の「敬斗ゾーン」を見よ。

諦めなかった。僅かなチャンスでも逃さないつもりだった――。5月23日に開幕するU-20W杯に出場するU-20日本代表の最終メンバーに… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/16

U-20W杯、10番主将は頼れる男。齊藤未月「闘争心をむき出しに」

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20W杯、10番主将は頼れる男。
齊藤未月「闘争心をむき出しに」

5月7日に23日から開幕するU-20W杯の最終メンバーが発表された。湘南ベルマーレのMF齊藤未月はメンバー入りを果たすと共に、10番… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/14

大学時代から「風間イズム」を知る男。点取り屋・赤崎秀平は名古屋で輝くか。

“ユース教授”のサッカージャーナル

大学時代から「風間イズム」を知る男。
点取り屋・赤崎秀平は名古屋で輝くか。

「変わらないところもあれば、進化しているところもある。なので、昔を思い出す作業と、プラス進化している部分はどんどん吸収し… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/12

久保建英、安部裕葵ら不在のU-20W杯。鍵を握る2年前のイングランド戦とは。

“ユース教授”のサッカージャーナル

久保建英、安部裕葵ら不在のU-20W杯。
鍵を握る2年前のイングランド戦とは。

5月7日、JFAハウスにて23日からポーランドで開幕するU-20W杯の最終メンバー21名が発表された。チームを率いる影山雅永監督が、関… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/09

湘南・曹監督がサプライズ視察!高3若月大和が目指すべきFW像とは。

“ユース教授”のサッカージャーナル

湘南・曹監督がサプライズ視察!
高3若月大和が目指すべきFW像とは。

大型ゴールデンウィーク終盤となった5月5日、JR巣鴨駅に隣接した三菱養和会巣鴨スポーツセンターグラウンドで行われたプリンスリ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/05/08

大怪我を克服した「ヒガシのクリロナ」。神戸FW増山が覚えた身体の使い方。

“ユース教授”のサッカージャーナル

大怪我を克服した「ヒガシのクリロナ」。
神戸FW増山が覚えた身体の使い方。

「ヒガシのクリロナ」ヴィッセル神戸のMF増山朝陽は東福岡高校時代、こう称されていた。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/28

ドリブラー少年は黒子に徹していた。川崎DF登里が口にした結果への執着。

“ユース教授”のサッカージャーナル

ドリブラー少年は黒子に徹していた。
川崎DF登里が口にした結果への執着。

登里享平は落ち着いている――。プロ生活11年目に突入する選手の凄みと言うべきか。技巧派が集まり、高い質の戦術を用いる川崎フ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/26

神戸の“教材”を手にU-20W杯へ!郷家友太の解答用紙は埋まる?

“ユース教授”のサッカージャーナル

神戸の“教材”を手にU-20W杯へ!
郷家友太の解答用紙は埋まる?

開幕まであと1カ月に迫ったU-20W杯。 国内最後となった千葉合宿(4月14~16日)で、MF郷家友太(ヴィッセル神戸)は最終メンバー… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/25

熾烈なメンバー選考、新ルールも導入。開幕迫るU-20W杯の切符は誰に?

“ユース教授”のサッカージャーナル

熾烈なメンバー選考、新ルールも導入。
開幕迫るU-20W杯の切符は誰に?

5月23日に開幕する2年に1度のU-20W杯。東欧ポーランドで開催される今回、日本はエクアドル、メキシコ、イタリアと同じグループリ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/24

川崎の守護神チョン・ソンリョン。最大の魅力は「リカバリー能力」だ!

“ユース教授”のサッカージャーナル

川崎の守護神チョン・ソンリョン。
最大の魅力は「リカバリー能力」だ!

GK経験者から見ても、川崎フロンターレのチョン・ソンリョンは素晴らしい能力を持ったプレーヤーだといつも思う。191cm、91kgと… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/23

J3最下位も味わった北九州。ミクスタと共に歩む再建への道。

“ユース教授”のサッカージャーナル

J3最下位も味わった北九州。
ミクスタと共に歩む再建への道。

J3ギラヴァンツ北九州の本拠地であるミクニワールドスタジアム北九州(以下、ミクスタ)は、福岡県第二の都市である北九州市の中… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/21

期待の大型CB三國ケネディエブス。ペッキアの寵愛を受け、成長中。

“ユース教授”のサッカージャーナル

期待の大型CB三國ケネディエブス。
ペッキアの寵愛を受け、成長中。

本格的にCBをやってわずか1年の男が、ルーキーながらアビスパ福岡のレギュラーとしてJ2の舞台で躍動している。ナイジェリア人の… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/18

町田FW中島裕希「昨年を超える」。恩返しはクラブの未来への貢献。

“ユース教授”のサッカージャーナル

町田FW中島裕希「昨年を超える」。
恩返しはクラブの未来への貢献。

「まだやれる」「もっとやれる」心の中ではそう思っていても、現実がそれを阻むことがある。それはサッカー選手に限らず、誰しも… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/17

尚志FW染野唯月は凄みを増した。衝撃のハットにも「もう驚かない」。

“ユース教授”のサッカージャーナル

尚志FW染野唯月は凄みを増した。
衝撃のハットにも「もう驚かない」。

圧巻のハットトリックだった。高円宮杯プレミアリーグEAST開幕戦、尚志高校vs.柏レイソルU-18の一戦で、プロ注目のストライカー… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/15

選手権決勝の再戦は青森山田に軍配。流経大柏・本田監督「乞うご期待」。

“ユース教授”のサッカージャーナル

選手権決勝の再戦は青森山田に軍配。
流経大柏・本田監督「乞うご期待」。

2019年1月14日、第97回全国高校サッカー選手権大会決勝。CB三国ケネディエブス(現・アビスパ福岡)、FW檀崎竜孔(現・北海道コ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/13

首を振り続ける男・喜田拓也。今のマリノスに必要な「深み」。

“ユース教授”のサッカージャーナル

首を振り続ける男・喜田拓也。
今のマリノスに必要な「深み」。

90分間に一体、何度首を振っているのだろうか。 攻守どちらの場面においても、ボールのあるところに必ず彼がいる。 横浜F・マリ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/04/10

ページトップ