著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

原晋Susumu Hara

青山学院大学 地球社会共生学部 教授 陸上競技部長距離ブロック監督 1967年、広島県三原市出身。中京大学卒業後、陸上競技部第1期生として中国電力に進むも、故障に悩み、5年目で競技生活から引退。95年、同社でサラリーマンとして再スタートし、ビジネスマンとしての能力を開花。陸上と無縁の生活を送っていたが、2004年に青山学院大学陸上競技部の監督に就任。09年に33年ぶりの箱根駅伝出場を果たす。 15年、青学史上初となる箱根駅伝総合優勝。18年、箱根駅伝4連覇。19年の箱根駅伝は、惜しくも総合2位(復路優勝)。2020年、大会新記録で箱根駅伝5度目の総合優勝を果たし、再び頂点に返り咲く。2021年の箱根駅伝では、往路12位から巻き返し、復路優勝を果たす(総合4位)。ビジネスの経験を生かした「チームづくり」「選手の育成」で陸上界の常識を破り、快進撃を続ける。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
なぜ青学の選手には拘束がなくても“覚悟”があるのか? 原監督が後悔を告白「パチンコ、コンパに明け暮れるダメな陸上部員だった」

Number Ex

なぜ青学の選手には拘束がなくても“覚悟”があるのか? 原監督が後悔を告白「パチンコ、コンパに明け暮れるダメな陸上部員だった」

覚悟ができている人材は伸びる。これは、私自身の陸上生活から学んだことです。駅伝の強豪・世羅高校に進学するときの私には覚悟… 続きを読む

原晋Susumu Hara

駅伝

2022/01/02

「じんの」ではなく「かみの」…7年前、箱根での神野大地の“ジョーク”を原晋監督が評価するワケ「『チャラい』は最高のほめ言葉」

Number Ex

「じんの」ではなく「かみの」…7年前、箱根での神野大地の“ジョーク”を原晋監督が評価するワケ「『チャラい』は最高のほめ言葉」

組織のカラーに合わない人材は、能力発揮に時間がかかる 人材の見極めに関して、私はもう一つ意識していることがあります。それ… 続きを読む

原晋Susumu Hara

駅伝

2022/01/02

原晋監督「体育会流の『ハイッ!』といい返事をする人間は伸びない」箱根の常勝軍団・青学で“ヤンチャな学生”が輝く理由

Number Ex

原晋監督「体育会流の『ハイッ!』といい返事をする人間は伸びない」箱根の常勝軍団・青学で“ヤンチャな学生”が輝く理由

スカウティングで全国の高校を回っていると、こちらの問いかけに「ハイッ!」と明るく元気に返事をする選手が多いことに気づきま… 続きを読む

原晋Susumu Hara

駅伝

2022/01/02

ページトップ