著者プロフィール 

二宮寿朗Toshio Ninomiya

1972年愛媛県生まれ。日本大学卒業後、スポーツニッポン新聞社に入社し、格闘技、ラグビー、ボクシング、サッカーなどを担当。退社後、文藝春秋「Number」の編集者を経て独立。様々な現場取材で培った観察眼と対象に迫る確かな筆致には定評がある。著書に「松田直樹を忘れない」(三栄書房)、「サッカー日本代表勝つ準備」(実業之日本社、北條聡氏との共著)、「中村俊輔 サッカー覚書」(文藝春秋、共著)など。近著に「鉄人の思考法~1980年生まれ戦い続けるアスリート」(集英社)。Number WEBにて「サムライブル―の原材料」(不定期)を連載中。課金制スポーツサイト「SPOAL(スポール)」編集長。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
片目が見えなくても超ポジティブ。松本光平、「何とかなる」の原点。

サムライブルーの原材料

片目が見えなくても超ポジティブ。
松本光平、「何とかなる」の原点。

「ニューカレドニアのヤンゲンも凄かったですね。地元の人は狩猟を職業にしているので、選手の家に遊びに行くと仕留めた動物を飾… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

海外サッカー

2020/08/06

読むとなぜか元気に。失明危機のフットボーラー・松本光平の告白。

サムライブルーの原材料

読むとなぜか元気に。失明危機の
フットボーラー・松本光平の告白。

右目は見えなくなり、左目もおぼろげに見えるだけ。すぐに病院に運ばれると「もう手の施しようがない」と医師に告げられる。「選… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

海外サッカー

2020/08/06

四国ダービー、0-3から逆転の立役者。愛媛FCのラッキーボーイ・西岡大志。

サムライブルーの原材料

四国ダービー、0-3から逆転の立役者。
愛媛FCのラッキーボーイ・西岡大志。

福岡大時代、トップチームで試合に出たのは「1年生のとき、2試合しかない」。Jリーグでプロになる目標を、あきらめかけた時期も… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2020/07/18

たくましさが光る愛媛FC・川井監督のロジックとマジック。

SCORE CARD

たくましさが光る愛媛FC・
川井監督のロジックとマジック。

コロナ禍でストップしていたJリーグが再開した。ギュウギコュウの過密日程、降格なし、5人交代制という今季限定の条件下でキーワ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2020/07/17

内山高志、TKO勝ち。両目とも腫れ、視界がない三浦隆司が「もう無理」。

ボクシングPRESS

内山高志、TKO勝ち。両目とも腫れ、
視界がない三浦隆司が「もう無理」。

ドクターが止めたのではなく、三浦がギブアップを伝えていた。「右目が塞がって、左目も薄目で見るような感じでした。『もう無理… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

ボクシング

2020/07/14

三浦隆司の左が炸裂、内山高志がダウン。しかし見えた“勝ち筋”。

ボクシングPRESS

三浦隆司の左が炸裂、内山高志が
ダウン。しかし見えた“勝ち筋”。

残り50秒。三浦が動く。間合いを詰め、身を少しかがめてから体を浮き上がらせていくようなノーモーションの左ストレートが閃いた… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

ボクシング

2020/07/14

内山高志×三浦隆司の強打者世界戦。KO必至の試合前、右拳を痛めた王者。

ボクシングPRESS

内山高志×三浦隆司の強打者世界戦。
KO必至の試合前、右拳を痛めた王者。

強打者対決、KO決着必至――。内山が16勝のうち13がKOならば、三浦は20勝のうち16がKO。ともにKO率8割以上を誇っており、中継す… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

ボクシング

2020/07/14

山中慎介、劇的な勝利。岩佐亮佑は「“倒れさせてくださいよ”って」

ボクシングPRESS

山中慎介、劇的な勝利。岩佐亮佑は
「“倒れさせてくださいよ”って」

山中は言う。「自分のほうが不利という声もありましたけど、自信を持って臨みましたし、自分の強さを証明することができた。ダウ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

ボクシング

2020/07/02

死闘の中盤。山中慎介は鼓膜が破れ、岩佐亮佑は「何か星が飛んで……」

ボクシングPRESS

死闘の中盤。山中慎介は鼓膜が破れ、
岩佐亮佑は「何か星が飛んで……」

だが敢えて、山中はガードを下げていた。この強者に勝って世界の扉をこじ開けるには、リスクを冒さなければならない、と。「もち… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

ボクシング

2020/07/02

伝説の試合、山中慎介×岩佐亮佑。クロス一閃、王者がぐらついた──。

ボクシングPRESS

伝説の試合、山中慎介×岩佐亮佑。
クロス一閃、王者がぐらついた──。

ともに無敗、そして勝った者が世界挑戦の切符をつかめるという分かりやすい構図。サウスポー同士の日本バンタム級頂上決戦の予想… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

ボクシング

2020/07/02

元教師で今はJリーガー兼営業マン。異色の経歴、FC今治・中野圭に聞く。

サムライブルーの原材料

元教師で今はJリーガー兼営業マン。
異色の経歴、FC今治・中野圭に聞く。

練習を終えると選手からFC今治のバックオフィススタッフに立場を変え、主にスポンサー回りの業務を担当する。試合のポスターを持… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2020/06/26

大宮のサッカー教室がアジアに届けたスマイル秘話。~裸足の子供たちとのガチ試合~

SCORE CARD

大宮のサッカー教室が
アジアに届けたスマイル秘話。
~裸足の子供たちとのガチ試合~

アジアの子供たちに笑顔を届けたい――。大宮アルディージャは'14年から東南アジアを中心に海外でのサッカー教室を開催している… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

有料

2020/06/21

マリノスにベルギーから出戻って。天野純「死ぬまで絶対に忘れない」

サムライブルーの原材料

マリノスにベルギーから出戻って。
天野純「死ぬまで絶対に忘れない」

「この自分の難しい状況を理解してくれたうえで迎え入れてくれたF・マリノスには感謝という言葉以外ありません。ただ、心にある… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2020/06/17

青山敏弘と森保一が語る最強の広島。現在も息づくサンフレッチェの伝統。

Number Ex

青山敏弘と森保一が語る最強の広島。
現在も息づくサンフレッチェの伝統。

2015年シーズンを制したサンフレッチェ広島。森保一監督体制4年目となったこの年、年間勝ち点74はJ歴代1位タイで、73得点30失点… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2020/06/13

<Jひと筋ビッグ対談>遠藤保仁×中村憲剛「僕らが衝撃を受けた最強チームを語ろう」

Sports Graphic Number Special

<Jひと筋ビッグ対談>
遠藤保仁×中村憲剛「僕らが衝撃を受けた最強チームを語ろう」

ヤットとケンゴ、意外に共通項が多い。1980年生まれ、Jリーグひと筋、ケガの少なさ、ボランチ&トップ下、JリーグMVP、FKの名手、… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

有料

2020/06/12

遠藤保仁と中村憲剛がいま語ること。「誘ったの覚えてます?」「多分」

Number Ex

遠藤保仁と中村憲剛がいま語ること。
「誘ったの覚えてます?」「多分」

憲剛 代表のときでもボールが来たら何かできそうだなって思っているときに、スッと送ってくれるのがヤットさん。だから昔、一度… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2020/06/09

「Jリーガーの価値を引き上げたい」ユーチューバー・那須大亮の野望。

SCORE CARD

「Jリーガーの価値を引き上げたい」
ユーチューバー・那須大亮の野望。

Jリーガーからユーチューバーへ。2019年シーズンをもってプロ18年のキャリアを終えた“熱血漢”那須大亮の「You Tube」動画が人… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

有料

2020/06/03

サンガ→本田圭佑のホルン→関東1部。J復帰目指す“介護フットボーラー”。

サムライブルーの原材料

サンガ→本田圭佑のホルン→関東1部。
J復帰目指す“介護フットボーラー”。

ある日、一緒に働いているスタッフにこう言われたという。「目が死んでいるよ。大丈夫なの?」精神的に限界が近づいていた。これ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

2020/06/02

あと一歩まで導いた関塚隆に聞く。「東京五輪でメダル」に必要なこと。

サムライブルーの原材料

あと一歩まで導いた関塚隆に聞く。
「東京五輪でメダル」に必要なこと。

「したたかにプレーするというところ、もっとバリエーションがあればというところはあったかなと思います。選手の個性を組み合わ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2020/06/01

清武弘嗣がロンドン五輪スペイン戦、戦う前に「絶対勝てる」と思った訳。

サムライブルーの原材料

清武弘嗣がロンドン五輪スペイン戦、
戦う前に「絶対勝てる」と思った訳。

連動した前線からのプレス、永井のスピードを活かす速攻はスペイン相手にも通用した。日本のボール保持率は35%にとどまったが、… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2020/06/01

ページトップ