リーガ・エスパニョーラの愉楽BACK NUMBER

本当に92億円の価値はないのか?
レアルの「カカ不要論」を検証する。 

text by

中嶋亨

中嶋亨Toru Nakajima

PROFILE

photograph byMutsu Kawamori

posted2011/03/13 08:00

本当に92億円の価値はないのか?レアルの「カカ不要論」を検証する。<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori

太ももの負傷で、再び戦列を離れることになったカカ。モウリーニョは、「メディカルスタッフは完全に復調してから復帰させた方がいいと判断しており、私もそれに賛成だ」とコメントしているが……

カカの起用法で見えるモウリーニョの思惑。

 グアルディオラ率いるバルセロナはカンテラで育て上げた選手たちによって、相手陣内で試合を展開する攻撃サッカーを実現している。バルセロナのようなカンテラを持たず、グアルディオラのような攻撃サッカーのノウハウも持たないモウリーニョだが、幸運なことに彼はカカという駒を持っている。

 カカを軸にした攻撃を追求することで、モウリーニョは確実に新たな攻撃オプションを手にすることができる。そしてそれは、モウリーニョとレアルのサッカーを変える可能性を持つ。

 そう考えれば、ミラン時代のような圧倒的な突破力はなくなったカカだが、まだまだ92億円をつぎ込んで獲得しただけの価値をいまだに持っていると言えなくはないか。間違っても、その半額に近い値段で売り払うべき選手ではない。

 果たしてモウリーニョは現在のカカをどう見ているのか。サッカーをあらゆる側面から細分化するというモウリーニョならば、周囲が唱えるカカ不要論など、気にもしないはずだが……。今後のカカ起用法に注目するだけでも、モウリーニョの思惑を垣間見ることができそうだ。

■関連コラム► 不振に喘ぐレアルで繰り広げられる、モウリーニョ対GMの“仁義なき戦い”
► <ドイツのトルコ人社会を訪ねて> メスト・エジル 「現代的トップ下を作った創造性と規律」

コメントする・見る
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

カカ
レアル・マドリー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ