Number ExBACK NUMBER

「日本財団とマッチングしたら面白いんじゃないか」中田英寿の広げる力「社会貢献はもっと格好良くていい」という発想「楽しいし幸せを感じる」 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2023/12/08 07:00

「日本財団とマッチングしたら面白いんじゃないか」中田英寿の広げる力「社会貢献はもっと格好良くていい」という発想「楽しいし幸せを感じる」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

HEROs誕生の立役者、中田英寿氏と笹川順平氏

笹川「プロアスリートは乗り越える力が凄まじい。これは僕らにはない力です。この力を社会貢献と結びつけたい。挫折を乗り越えてきたプロアスリートの言葉には力がありますが、アスリート自身も気づいてない場合が結構あるんですよ。セカンドキャリアじゃなくて、社会貢献なら今持っているもので社会に十分インパクトを与えられます」

――スポーツのポテンシャルもまたさらに広がっていくイメージがすごくあります。

中田「社会貢献活動をした時に逆にパワーをもらうということもいっぱいあります。それは人とつながるから。そういうことで、また頑張ろうとなる。リーグ単位やチーム単位でもそういうことを積極的にやる機運が高まっているのは、地元の人たちとつながることが重要なのだという気づきが生まれているからです。勝ち負けでも利益でもなく、どこまでつながりが続いていくか。この循環をどう作れるか。ですから僕は、このアワードの波及効果によって、やるのが当たり前という世の中になることを望んでいます。次のステップは、より一般の人たちが入ってくる仕組みに持っていけるかだと思っています」

笹川「アマチュアスポーツって影響力が大きいんですよね。母集団も大きい。『HEROs AWARD』はトップアスリートを対象として始まりましたが、大学スポーツ、小中高のスポーツにも加わってもらっても良いのではないかと思っています」

中田「まさにそうですね。この日本で始めながらも、僕は世界中に活動の拠点ができていけば最高だなと思います」

関連記事

BACK 1 2 3
中田英寿
笹川順平

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ