Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

「泣くな! この悔しさを忘れるな」17歳の村上宗隆は声を張り上げて…スラッガーを育てた“最後の夏”と大粒の涙を見せた”ただ一人”の相手

posted2023/08/24 11:01

 
「泣くな! この悔しさを忘れるな」17歳の村上宗隆は声を張り上げて…スラッガーを育てた“最後の夏”と大粒の涙を見せた”ただ一人”の相手<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

村上宗隆の原点は、高校時代の鍛錬にある

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 2015年、高校1年の夏、村上宗隆は甲子園の土を踏んだ。九州学院の4番打者として。結果は初戦負けだったものの、この初舞台は彼にとって序章にしか過ぎず、甲子園の再訪は約束されている。誰もがそう感じていた。

「遠くへ飛ばす」を意識して

 1995年から九州学院を率いる坂井宏安は、夏の甲子園が終わってから村上を一塁手から捕手へとコンバートした。坂井の観察によれば、村上は記憶力が抜群であり、この能力を生かさない手はない。もしも、捕手として配球を勉強すれば、打者として応用が利くようにもなるはずだ。

村上宗隆
九州学院高校
坂井宏安
田尻裕昌
秀岳館高校
東京ヤクルトスワローズ

高校野球の前後の記事

ページトップ