Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[指揮官インタビュー]森保一「終戦からの自問自答」

posted2023/01/26 09:02

 
[指揮官インタビュー]森保一「終戦からの自問自答」<Number Web> photograph by Tetsuo Kashiwada

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Tetsuo Kashiwada

「日本代表監督は最高の仕事」と言いきる指揮官は、ベスト8を目前にして敗れた直後から考え続けている。どうすれば勝てたのか、他に打つ手はなかったか。続投が決まった今、2026年への成長戦略を語る。

 礼に始まり、礼に終わる。

 後者のほうは、なかなかに難しい。いかなる結果であっても受け入れて「礼」をしなければならないからだ。形式だけのものでは意味を持たない。

 PK戦の末にクロアチア代表に敗れてラウンド16の戦いを終えた森保一は、ロッカールームに戻って選手たちをねぎらった後、ただ一人アルジャヌーブ・スタジアムのテクニカルエリアに戻った。

 バッグをベンチに置き、両手を前に組んで姿勢を正してから無人のピッチをじっと眺めていた。

 感情を鎮めるために向かったわけではない。サンフレッチェ広島を率いた時代から続けているいつもの習慣であった。

「プレーできる場に対して、始まる前は“選手たちが無事にプレーできますように”、試合を終えた後は“充実した時間を過ごさせていただいてありがとうございました”と伝えるだけのこと。だからあのときだけの特別な行動でも何でもないんです」

 つい先ほどまで繰り広げられた熱闘の残り香が、森保をほんのりと包んでいた。

 前回のロシアワールドカップで準優勝したクロアチアが相手であっても乗り越えられると信じた。ベスト8に手が届くと信じた。だが結局は、その壁にはね返された。まだまだ足りない何かがそこにはあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4345文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

森保一
長友佑都
三笘薫
ズラトコ・ダリッチ
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ