相撲、この技、この力士BACK NUMBER

元横綱稀勢の里・二所ノ関親方が徹底解説
第六回:鶴竜「スロー映像で判明した秘密」

posted2023/01/15 07:00

 
元横綱稀勢の里・二所ノ関親方が徹底解説第六回:鶴竜「スロー映像で判明した秘密」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

鶴竜は幕内通算85場所、645勝394敗。モンゴル・スフバートル出身。'01年11月場所で初土俵。'14年3月場所で初優勝を果たし、横綱昇進。優勝6回。'21年3月場所中に引退し、年寄・鶴竜を襲名

text by

二所ノ関寛

二所ノ関寛Hiroshi Nishonoseki

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 みなさん、明けましておめでとうございます。令和5年の幕開け、初場所も始まっています。以前から「幕下が多い部屋は活気がある」というのが私の持論でしたが、現在、二所ノ関部屋には6人の幕下力士がおり、年内には関取誕生のニュースをお届けできるはずです。ご期待ください。

 弟子たちに期待しているのは、ライバルとしのぎを削って強くなることです。振り返ると、私にはたくさんのライバルがいました。中でも元横綱・鶴竜関は私が15歳の頃、相撲教習所時代から切磋琢磨してきた間柄で、彼がいたからこそ、私は「踏み込み」を鋭くすることができたのです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1332文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

鶴竜
稀勢の里

相撲の前後の記事

ページトップ