SCORE CARDBACK NUMBER

横綱として初優勝を飾った鶴竜に笑顔がなかった理由。~2度続けた変化の評価は?~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/10/13 06:00

横綱として初優勝を飾った鶴竜に笑顔がなかった理由。~2度続けた変化の評価は?~<Number Web> photograph by KYODO

9場所ぶり通算2度目の優勝を飾った鶴竜だが、横綱らしからぬ“注文相撲”が批判の的に。

「めでたさも中くらいなり……」とでも言いたくなるような、そんな優勝一夜明け会見だった。横綱昇進後、悲願の初優勝を果たした晴れがましい席にも関わらず、笑顔のない鶴竜がいた。「言い訳になりますが」と前置きをしつつ、「肩の古傷が痛み、正面から受け止められなかった」と“注文相撲”を取らざるを得なかった苦衷を吐露した。

 日馬富士と白鵬が休場したものの、15日間満員札止めと、大盛況のうちに幕を閉じた秋場所。ひとり横綱を張った鶴竜の、横綱らしからぬ立ち合い変化が内外から酷評された。照ノ富士との優勝決定戦を制して賜杯を抱いたが、どこか後味の悪い幕切れともなってしまった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

鶴竜
照ノ富士

相撲の前後のコラム

ページトップ