SCORE CARDBACK NUMBER

押し寄せる師匠の世代交代の波。名力士が次代に夢を託す。

posted2022/12/30 07:00

 
押し寄せる師匠の世代交代の波。名力士が次代に夢を託す。<Number Web> photograph by KYODO

元高校横綱で2022年の実業団横綱の落合哲也(右)。2023年の初場所では、幕下15枚目格付出しでデビュー予定だ

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

KYODO

「11月の九州場所後に独立が承認されて、安治川部屋を江東区に建設中です。今は仮設の稽古場ですが、7月には落成する予定なんですよ」

 意気揚々と語るのは元関脇安美錦の安治川親方だ。九州場所では自身の甥っ子が内弟子として入門し、2023年初場所では名古屋経済大のラガーマンでもあった飯間ルーカス一夫が初土俵を踏む予定だ。

 2022年、元大関豪栄道が武隈部屋として境川部屋(元小結両国)から独立。元横綱稀勢の里は二所ノ関部屋を開き、元横綱白鵬も先代の定年退職により宮城野部屋を継承した。そのほかにも、元大関琴風の尾車親方が定年し、弟子の元関脇豪風が押尾川部屋として独立、旧尾車部屋の力士たちが移籍する形となっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 590文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

安美錦
安治川親方
飯間ルーカス一夫
豪栄道
武隈部屋
稀勢の里
二所ノ関部屋
白鵬
宮城野部屋
琴風
尾車親方
豪風
押尾川部屋
川副圭太
落合哲也
武蔵川部屋
武蔵丸

相撲の前後の記事

ページトップ