Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[スペインは日本をどう見たか]魔の3分間がやってきた

posted2022/12/10 08:01

 
[スペインは日本をどう見たか]魔の3分間がやってきた<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu

text by

ミゲル・アンヘル・ララ(マルカ)

ミゲル・アンヘル・ララ(マルカ)Migel Angel Lala(Marca)

PROFILE

photograph by

Tsutomu Takasu

 試合が終わってからしばらくの間、なぜスペインが日本に負けたのかを考え続けていた。深夜まで「マルカ」紙の同僚たちと試合後のメディアルームで何が原因だったのかをああだこうだと議論したものだ。

 試合の入り方はほぼ完璧だった。ルイス・エンリケ監督は予想に反して、我々の最大の武器である3人のMFセルヒオ・ブスケッツ、ぺドリ、ガビを温存させることなく頭から起用した。開始からブスケッツは日本の1トップの前田大然に警戒されていたが、彼を経由せずとも上手くボールを前に運べていた。

 5バックなのか4バックなのかは予測できなかったものの、日本が守備的に挑んでくることは分かっていた。高いボール保持率で常に相手陣内でプレーし続けること。そこから生まれるチャンスを確実に決めること。そして日本のスピードあるカウンターに警戒すること。ポイントはその3点だった。前半に関してはある程度いい流れで、ニコ・ウィリアムスはいくつか仕事をしたし、アルバロ・モラタも頭で決め、最低限の結果は出した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 634文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ルイス・エンリケ
セルヒオ・ブスケッツ
ウナイ・シモン
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ