SCORE CARDBACK NUMBER

キャブズを牽引するミッチェルが心に刻む真のリーダーシップ。

posted2022/11/20 07:00

 
キャブズを牽引するミッチェルが心に刻む真のリーダーシップ。<Number Web> photograph by Getty Images

11月8日時点で1試合平均31.2得点のミッチェル。チームは5シーズンぶりのプレーオフ進出に向け好発進した

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ドノバン・ミッチェル(クリーブランド・キャバリアーズ)が、プロ選手としてのいろはを学んだのは、大リーグのニューヨーク・メッツのクラブハウスだったという。父がメッツの職員として働いていたため、物心がついた頃からクラブハウスが遊び場のようなものだった。小さい頃からそこで見てきた光景が、自分がプロ選手になった今、役に立っている。

「(当時メッツの選手だった)デイビッド・ライトやホセ・レイエスから色々と学んだ。あの頃はまだ子供だったし、何を見ているのか自分でもわかっていなかったけれど、後になって、色々な状況や意味を理解できるようになったんだ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ドノバン・ミッチェル
クリーブランド・キャバリアーズ
ニューヨーク・メッツ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ