オリンピックへの道BACK NUMBER

「このまま4位でいいの?」初のGP優勝、三原舞依を奮い立たせた言葉「今日の金メダルは、今まででいちばんうれしい」

posted2022/11/15 17:02

 
「このまま4位でいいの?」初のGP優勝、三原舞依を奮い立たせた言葉「今日の金メダルは、今まででいちばんうれしい」<Number Web> photograph by Getty Images

11月13日、グランプリシリーズのイギリス大会で優勝した三原舞依。シニアGPシリーズ挑戦6年目にして初のGPシリーズ制覇となった

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Getty Images

ショート『戦場のメリークリスマス』で1位に

 祈るようにぎゅっと両手を膝の上で組む。

 フリーの得点が出る。その数字を目にした瞬間、右手を宙に何度も突き上げた。合計得点と順位を確認し、三原舞依の目には自然に涙があふれた。

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第4戦、イギリス大会女子シングルで三原が優勝した。2016年10月に初めてのグランプリシリーズ出場となったスケートアメリカから6年目にして手にした、シリーズ大会での初優勝でもあった。

『戦場のメリークリスマス』で臨んだショートプログラムで1位となって迎えた11月13日のフリー。

 ショートプログラムで首位に立った三原は最終滑走で演技をスタート。曲は『恋は魔術師』。

 冒頭のダブルアクセルを決めると、その後もジャンプを1つひとつ、着氷させる。

 情熱を十分伝える表現とともに、定評のあるスケーティングに乗せて、情熱のこもった表現がリンクに広がる。時間をかけて培ってきた演技を披露し、それを称えるように、拍手と歓声が響く。終盤、コレオシークエンスのスパイラルで見せた笑顔は、この日の演技を象徴するかのようだった。

自分の体はどこなんだろうというくらい緊張

 フィニッシュ。三原は両手を振り下ろす。その直後の小走りで駆け出すような動きにも、演技への手ごたえが表れていた。

 得点は145.20点。昨シーズンの四大陸選手権で出した自己ベスト145.41点にほぼ等しい点数を得た三原は合計217.43点で優勝を飾った。

 それはいくつもの重圧を乗り越えてつかんだ優勝だった。

「自分の体はどこなんだろうというくらい緊張していました」

 1位でフリーを迎えたことで6分間練習から重圧はあったと言う。

【次ページ】 (暫定トップの)レヴィトちゃんの得点も聞こえていました

1 2 3 4 NEXT
三原舞依
イザボー・レヴィト
フィギュアスケート
平昌五輪

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ