Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[守護神の覚悟]権田修一は“究極の人助け”をできるのか

posted2022/11/19 07:02

 
[守護神の覚悟]権田修一は“究極の人助け”をできるのか<Number Web> photograph by Getty Images

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Getty Images

予選を通じて日本代表は幾度となくこの男に危機を救われてきた。列強を相手取る本大会でも、彼の力に頼る場面が必ず訪れるだろう。2大会ぶりのW杯メンバー入りを果たした33歳は静かに燃えている。

“人助け”の原点は、小学3年生の頃のグラウンドだ。ある試合で、決着がPK戦にもつれ込んだ。そこで1人のチームメイトがシュートを失敗してしまった。

 意気消沈の仲間たちを横目に、救世主となったのが権田少年だった。立て続けに相手のPKを止めると、未来の日本代表守護神の周りに歓喜の輪ができた。

 試合後、保護者席へ挨拶に行くと、権田の両親とともに、PKを外した子の母親も泣きながら喜んでいた――。

「なんで泣いてるの? って、最初は不思議だったんですけどね。経験を重ねるごとに、GKは周りのミスをカバーできるポジションなんだと理解できるようになった。特にプロの場合は、1つのミスによって出場機会を失ったり、契約を打ち切られる可能性だってあります。だからこそ試合中のPKを止めたときには、ファウルをした選手がめちゃくちゃ喜んでくれる。その笑顔を見ると、嬉しくなるんですよ」

 究極の人助け。権田修一はGKという仕事のやりがいを、こう捉えている。そんな人だから、昨年10月に味わった痛恨の記憶が、今でも頭から離れない。

 アウェーでのW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦。その71分だった。中盤でプレッシャーを受けた柴崎岳が、自陣深くへのバックパスを選択する。ところがボールは相手FWアルブライカンのもとへ。日本ゴール前に残るのは権田だけ。“人助け”が必要な緊急事態が、突然訪れた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1932文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

権田修一
吉本一謙
原口元気
大迫勇也
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ