Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[第1戦 KEYMAN]山本由伸「まさかの緊急降板。エースに何が」

posted2022/11/05 07:10

 
[第1戦 KEYMAN]山本由伸「まさかの緊急降板。エースに何が」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 5回裏のマウンドに山本由伸が上がる。

 パトリック・キブレハンへの初球、山本がフォークを投げた。141km、空振り。

 そこで山本が自軍のベンチを見た。

 続く2球目、またもフォークで空振りさせたが、球速は139km。140km台後半が出ていたフォークの球速が明らかに落ちている。2球目の後も山本はベンチを見ていた。

 3球目、今度はフォークが136km。明らかにスピードが出ていない。すると山本が右手を上げて、ベンチに合図を出した。2年連続で投手4冠を獲得した絶対エースが4回0/3、64球で感じた異変――左脇腹につった感覚を訴えてのまさかの緊急降板だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 634文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

オリックス・バファローズ
山本由伸
東京ヤクルトスワローズ
ホセ・オスナ

プロ野球の前後の記事

ページトップ