Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[第2戦 プロフェッショナル解説]今永昇太(DeNA)「同点3ランを生んだ塩見の見逃し」

posted2022/11/05 07:09

 
[第2戦 プロフェッショナル解説]今永昇太(DeNA)「同点3ランを生んだ塩見の見逃し」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

同点弾の内山と肩を落とす阿部。明暗がくっきり分かれた

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 日本シリーズで僕がポイントとして見ていたのは“どこからでも得点できるヤクルト打線をオリックス投手陣はどのように抑えるのか”でした。

 第2戦に先発した山崎福投手は、右打者へのクロスのインコース、左右関係なく投げられるチェンジアップ、さらにシュート系や落とすボールでヤクルト打線を抑えていました。村上選手に対しては、とにかくボールを上げさせないよう工夫をしてピッチングをしていたのが印象的でした。

 5回からマウンドに立ったのは、以前からすごいボールに注目していた山?颯投手。無失点でバトンを受け絶対に緊張する場面、いきなり塩見選手に四球を与えましたが、その後ダブルプレーを取り、結果2イニングを抑え切りました。こういうゲームってどんなことが起こったとしても結果だけが正解なんです。山?福投手の状態がいい中、もし失点すれば「代えなければよかった」と言われるプレッシャーの中で投げ切り、中嶋監督の期待に100%応えたのは素晴らしかったと思いますね。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 886文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

今永昇太
横浜DeNAベイスターズ
山崎福也
山崎颯一郎
塩見泰隆
内山壮真
阿部翔太

プロ野球の前後の記事

ページトップ