ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

CSで5回2失点、DeNAのエース今永昇太がそれでも「申し訳ない」という言葉を使わなかった理由「“全部背負わなきゃ”が自分を苦しめていた」

posted2022/10/24 11:02

 
CSで5回2失点、DeNAのエース今永昇太がそれでも「申し訳ない」という言葉を使わなかった理由「“全部背負わなきゃ”が自分を苦しめていた」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

9月25日、ヤクルトの優勝がかかる一戦に登板した今永。今季ノーヒットノーランも達成したエース左腕がシーズンを振り返った

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「なんか自分って本当にたいしたことないなって感じなんですよ」

 今永昇太は、おもむろに口を開いた。

 自嘲しているような言葉に感じられるが、その声の響きを聞くかぎり違うニュアンスだ。どこか憤りと渇望が感じられる。

「僕は他球団の試合を結構観るんですけど、例えば山本由伸投手(オリックス)や千賀滉大投手(ソフトバンク)は、後半戦の重要な試合は絶対に勝っているんですよ」

他のピッチャーにあって自分にないもの

 エースとは何ぞや。今永は自問自答する。

「とにかく最後にチームが勝つこと。例えば僕はヤクルトのリーグ優勝が決まった神宮の試合(9月25日)で先発しました。自分自身の結果は良かったかもしれないけど(7回無失点)、チームは勝っていない。クライマックスシリーズ(CS)の阪神との初戦(10月8日)にしても、悪いピッチングではありませんでしたが(5回2失点)、やはり勝てていない。そう考えると、本当にそこだけ。他のピッチャーにあって自分にないものは、ここなんだって」

 いかにチームを勝ちに導くことができるのか。とくに大事な試合で、その投手の資質が見えるのではないか。今永は、その答えを探し、今もさまよっている。

「内容が良くなくても、チームが勝てばいい。勝つことが正解なんですよ。本当に大事な試合でそれができなかった。そこにどんな違いがあるんだろうって、これからもずっと考えていくんでしょうね」

【次ページ】 正直満足しているモノはひとつもない

1 2 3 4 5 NEXT
今永昇太
横浜DeNAベイスターズ
山本由伸
千賀滉大
三浦大輔
齋藤隆

プロ野球の前後の記事

ページトップ