欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

知られざるクロアチア1部のリーグレベルとは…バラジディン所属・浦田樹25歳が語る“日本との違い”「最初はめちゃくちゃ怒られました」 

text by

長束恭行

長束恭行Yasuyuki Nagatsuka

PROFILE

photograph bySiniša Sović / NK Varaždin

posted2022/10/15 11:01

知られざるクロアチア1部のリーグレベルとは…バラジディン所属・浦田樹25歳が語る“日本との違い”「最初はめちゃくちゃ怒られました」<Number Web> photograph by Siniša Sović / NK Varaždin

CLにも出場しているクロアチア最強のクラブ、ディナモ・ザグレブ戦でプレーする浦田樹。東欧からのステップアップも視野に入れている

――ステップアップへの手応えはありますか?

 徐々に掴み始めているものはあります。今シーズンは特に感じる部分ですし、キャリアとしては「上向きに戻ってきたかな」というのはありますね。

――あと世代別日本代表という看板は自分の中で背負っていたりしますか?

 いや、その時代はもう区切ったというか、あんまり気にしていません。むしろそういう経歴があったから海外にも渡れたのかなと。ありがたかったです。ただ、もう一度、日の丸を背負って、世界の強者たちと戦いたいという気持ちは強いです。そのために日々、何ができるかを自問自答し、成長していきたいですね。

海外生活で変わった価値観「無理に合わせるときつい」

――浦田さんは海外に対する免疫がある家庭で育ったわけですが、こうして海外に長く住んでみて培ったものはありますか? 

 いろいろな国で生活していくと「知らない世界が多いな」と感じることが多いです。あとは日本を客観的に見るようになって「まだまだ日本に対しても、そして世界に対しても自分は無知だな」としばしば痛感します。価値観はだいぶ変わったかもしれませんね。あとはあんまり悩まなくなりました(笑)。

――それはどういうところで?

「無理に合わせよう」とかそういうことは思わなくなりました。「自分は自分でいいかな」みたいな。無理に合わせると逆にもうきついなという。

――ウクライナ、スロバキア、クロアチアとチャレンジをしてきたわけですが、東欧へのこだわりはありますか?

 ないです。むしろ東欧から出たいですね(笑)。いや、出たいというよりも「いろんな国に行っていろんな価値観に触れたいな」という気持ちのほうが強いです。

――日本代表では同世代がヨーロッパ中で活躍しているじゃないですか? それに関して思うことはありますか?

「凄いなあ」とは感じますが、僕自身もそこを一つの目標にしています。ここから自分がステップアップできれば、その経歴がいろんな人の道標にもなるでしょうし。基本的には「Jリーグで活躍してから欧州へ」というのが既定路線かもしれませんが、「東欧から這い上がっていくのもありだよ」と僕は思っています。

<前編から続く>

#1から読む
“元世代別日本代表”浦田樹はなぜクロアチアに? 日本、ブラジル、東欧を股にかけた独自のキャリアと「あるウクライナ人夫妻」への思い

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
浦田樹
小川諒也
原大智
バラジディン
ディナモ・ザグレブ
ハイドゥク・スプリト

海外サッカーの前後の記事

ページトップ