プロ野球PRESSBACK NUMBER

「矢澤宏太の二刀流は大谷翔平と違う形」「複数球団が1位指名しそうなのは…」スカウトが“ドラフト有力大学生・社会人”をガチ評価 

text by

間淳

間淳Jun Aida

PROFILE

photograph byJIJI PRESS

posted2022/10/14 17:01

「矢澤宏太の二刀流は大谷翔平と違う形」「複数球団が1位指名しそうなのは…」スカウトが“ドラフト有力大学生・社会人”をガチ評価<Number Web> photograph by JIJI PRESS

日体大で「二刀流」として注目を集め、ドラフト会議での目玉の1人となりそうな矢澤宏太。プロ野球スカウトの評価は?

「即戦力の左投手を指名の最優先にする球団は少なくありません。先発で起用しても、直球の球速が常時140キロ台中盤以上を出す力があります。身長があってサイドスローに近いスリークウォーターなので左打者は恐怖心を感じますし、右打者への内角に投じる球にも角度があります。スライダーも右打者、左打者を問わず有効で、プロでも通用する球種です」

最速155キロの小孫は「1年目からフル回転する予感」

 社会人の投手では、鷺宮製作所の小孫竜二投手の名前を真っ先に挙げた。

 身長179センチと上背はないが、最速155キロの直球で打者を押し込む。ドラフト上位候補としては、ともに150キロを超す直球を持つ東京ガスの益田武尚投手や東芝の吉村貢司郎投手の報道が目立つが、スカウトは「小孫選手は1年目からフル回転する予感がある」と期待する。

「球速以上に直球の強さが魅力です。ストライクゾーンで勝負してファウルや凡打にできる球の強さがあります。過去に指名漏れとなった経験がありますが、変化球を含めて制球が安定してきました。特に、短いイニングの起用は十分に即戦力として計算できる投手です」

 小孫投手はチームで先発をしているが、スカウトは中継ぎや抑えに適性を見出している。ここ数年、広島の栗林良吏投手、巨人の大勢投手、ヤクルトの木澤尚文投手ら、球威のある大学、社会人出身者がプロ入り後すぐに活躍している。スカウトは「中継ぎや抑えに課題がある球団は、リストの上位に小孫選手を置いているはずです」と話す。

「リリーフの重要性や評価は10年前とは比べる余地がないほど高まっています。小孫選手には体の強さ、気持ちの強さもあるのでプロ向きだと思います。補強選手で出場した都市対抗野球ではリリーフの適性を見せていましたし、先発もリリーフもできるのはドラフトでアドバンテージになります」

 大学や社会人の選手は即戦力として計算されるため、チーム状況や補強ポイントによって指名の有無や順位が左右されやすい。各球団のドラフト戦略や他球団との駆け引きが、高校生の指名以上に色濃く反映される。

<高校生編からつづく>

#1から読むスカウトに聞く「甲子園未出場もドラフト“将来性重視の高校生”4人」 左がイヒネなら右は大砲候補「最も楽しみな」150キロ左腕とは

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
矢澤宏太
小孫竜二
野口泰司
曽谷龍平
日本体育大学
北海道日本ハムファイターズ
名城大学
白鴎大学
鷺宮製作所

プロ野球の前後の記事

ページトップ