Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

6球団競合、菊池雄星をクジで引き当てた西武・渡辺久信監督がしていたゲン担ぎ「紫のペンを忍ばせ、紫の下着も…」 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byJIJI PRESS

posted2022/10/20 06:00

6球団競合、菊池雄星をクジで引き当てた西武・渡辺久信監督がしていたゲン担ぎ「紫のペンを忍ばせ、紫の下着も…」<Number Web> photograph by JIJI PRESS

6球団競合から見事、菊池雄星を引き当てた渡辺久信監督。翌年の大石達也も6球団競合ながら引き当てた。その裏には執念とも思える験担ぎがあった…

森友哉の単独指名時に飲んでいた「森伊蔵」

 昨年はJR東日本の田嶋大樹を1位指名したが、重複しクジで外した。これで渡辺のクジ運は、通算3勝4敗となった。

 ご利益があったゲン担ぎは、その後も継続されている。'13年に大阪桐蔭の森友哉の単独指名に成功したときは、名前にかけて幻とも言われる焼酎「森伊蔵」を飲んだ。

 果たして、今年はどんな酒を用意することになるのか。指名選手が所属するチームカラーのボールペンも用意するつもりだ。

「ドンキ(ドン・キホーテ)で探すよ。はははははは。値段じゃないんだよ」

 自信たっぷりに言った。そして最後、こんな言葉を残した。

「本当は、他にもネタがいっぱいあるんだけどね。話せないんだよ」

 まるで運をコントロールする秘術を知っているかのような口ぶりだった。

<#2 真中満編へ続く>

#2に続く外れクジを当たりと勘違い…ヤクルト・真中満“フライングガッツポーズ”の伏線となった1年前の後悔「今年は絶対に先に見てやろう」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
渡辺久信
菊池雄星
埼玉西武ライオンズ
王貞治
野村謙二郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ