松坂大輔「怪物秘録」BACK NUMBER

松坂大輔「センバツ“初球”、大暴投の理由」(連載12)

posted2022/09/27 07:00

 
松坂大輔「センバツ“初球”、大暴投の理由」(連載12)<Number Web> photograph by SANKEI SHIMBUN

甲子園での練習後、女性ファンに声をかけられるなど注目度抜群だった松坂

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

SANKEI SHIMBUN

神宮大会王者として、ようやくたどり着いた甲子園。初戦は監督、部長らが苦手意識を持っていた近畿勢と激突する。緊張感漂う試合前、松坂は意外な行動に。

 ついに松坂大輔が甲子園へやってきた。1998年、春のセンバツ――大会前に発売された雑誌の展望号には表紙にも巻頭グラビアにも松坂の写真が使われた。甲子園ではまだ一球も投げていないのに、豪腕・松坂はヒーローとして取り上げられていた。

◆◆◆

 当時、注目されていたのは沖縄水産の(新垣)渚、郡山の竹村(和泰)、明徳(義塾)の寺本(四郎)……そういう中で僕が取り上げられたのは嬉しかったですね。中学のときから高校野球の雑誌にはいつか出たいと思っていましたし、センバツを前に本当に出られたときは嬉しかった。でもこうして雑誌を見ると、ずいぶん強気なコメントをしていますね。周りに乗せられたのかな。たぶん高校生なりに、取材する人はこういうことを言ってほしいんだろうなと察して、言っていたんだと(笑)思います。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2720文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松坂大輔
横浜高校
田中謙二
小山良男
報徳学園高校
東福岡高校

高校野球の前後の記事

ページトップ