SCORE CARDBACK NUMBER

NBAの伝説的存在が逝去。次世代に残した比類なき功績。

posted2022/08/31 07:00

 
NBAの伝説的存在が逝去。次世代に残した比類なき功績。<Number Web> photograph by Getty Images

ラッセル氏はセルティックスで活躍し、11度の優勝を経験。背番号6はNBA史上初の全チーム共通の永久欠番に

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 7月31日に亡くなった往年の名選手、ビル・ラッセルは、長い間、自分の銅像が作られることに反対していた。「まるで墓碑だ。私はまだ墓に名前を入れるつもりはない」と言っていた。

 そんなラッセルが意を翻し、銅像作成に合意したのは11年前。コート上での活躍だけでなく、コート外での社会活動も称えるコンセプトで作られ、ラッセルが力を入れていたメンタリング普及のためのプログラムの一環としての銅像設置という趣旨に賛成したためだった。それから2年後の2013年、銅像はボストン市庁舎前に設置され、先日、ラッセルが逝去したときには多くのファンが花束を供えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 628文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ビル・ラッセル
ボストン・セルティックス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ