Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<コートを去ったNBA屈指のセンター> シャキール・オニール 「巨人の残した大きな足跡」 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2011/07/01 06:00

<コートを去ったNBA屈指のセンター> シャキール・オニール 「巨人の残した大きな足跡」<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images
'00年代のNBAを代表するスーパースターが、 惜しまれつつも
19年の現役生活に幕を閉じた。 圧倒的なパワーでコートを
支配し続けた 「怪物シャック」の人物像と功績を振り返る。

 シャキール・オニールは相変わらず、奇想天外なことをやってのける天才だ。

 現役引退発表の仕方も、その例に漏れなかった。まず、引退することをツイッターで発表した。NBAのどの選手よりも早く、世の中の多くの人がこの新しいソーシャルメディアを知る前から、ファンとのコミュニケーションにツイッターを活用していたオニールらしい発表の仕方だ。さらに、引退会見はオーランド郊外にある自宅敷地内の体育館で行なった。これまで、自宅で引退会見を開いたスーパースターがいただろうか。

 人がやっていないことをやるというのは、昔からオニールのモットーだった。実は、子供の頃のオニールは、目立つことが嫌いな少年だったのだという。13歳ですでに2mの特大サイズだったのだから、同年代の中で常に目立つ存在だった。

「母に『この(珍しい)名前も身長も、好きではない』と言ったことがある」

 引退会見でオニールは、昔を振り返った。「そのときに母から『みんなに名前を覚えてもらいなさい。自分のことを覚えてもらえるようにしなさい』と言われた」

 母のアドバイスに従い、オニールは目立つサイズや名前を逆手に取り、自分のスタイルを作り出すようになった。冗談を言って周りを笑わせ、歌や踊りを練習し、身体が大きいだけではない存在感を作り出した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2596文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メンタル・バイブル~20人のアスリートが明かす心の整理術~
シャキール・オニール
ボストン・セルティックス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ