スポーツまるごとHOWマッチBACK NUMBER

「実はいま、野球界で噂のベルトがあるんです」川上憲伸の“ある悩み”が生んだベルトは、高額でもなぜ多くの選手から愛されるのか?

posted2022/08/21 20:00

 
「実はいま、野球界で噂のベルトがあるんです」川上憲伸の“ある悩み”が生んだベルトは、高額でもなぜ多くの選手から愛されるのか?<Number Web> photograph by KYODO

コア・テクノロジー社のベルト10450円。機能性をもたせた点で革新的な製品となった

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

KYODO

『Sports Graphic Number』で好評連載中の「スポーツまるごとHOWマッチ」を特別に公開します! <初出:1055号(2022年7月14日発売)、肩書きなど全て当時>

「よくもまあ、毎度いろいろ見つけてくるもんだ」と筆者がいつも感心する当連載の担当者が、今度はこんなことを言い出した。

「次は野球のベルト、取材しません?」

――いやいや、ベルトなんて、と却下しようとすると担当者は不敵に笑い、「実はいま、野球界で噂のベルトがあるんです」と言うのだ。

 その名はコアエナジー3 野球ベルト(税込1万450円)。野球ベルトは3000円前後が主流だから正直高いが、同商品を開発したコア・テクノロジー(株)の専務取締役、河村隆史さんは胸を張る。

「NPBでは現在約700人に使っていただいていますが、これは全選手の8割強に相当します。東京五輪で金メダルに輝いた侍ジャパンでも、26人中23人が弊社のユーザーでした。侍ジャパンでは本来、契約メーカーの用具を使うという暗黙のルールがありますが、多くの選手が“これじゃないと調子が出ない”とコアエナジーを選んでくださったのです」

 それにしてもコアエナジーは、なぜこれほど多くの選手に支持されるのか。

 それは端的に言えば、ベルトを巻くことで姿勢が格段によくなるからだ。腰椎が安定して上半身と下半身の連動性が向上すると同時に、四肢の可動域が大きく広がるのだという。

川上憲伸の“ある悩み”が生んだ発明

 コアエナジーの誕生には、ある日本人メジャーリーガーが関わっている。2009年から2年間、ブレーブスに在籍した川上憲伸さんだ。

「コルセットをつけて投げると、やっぱり違和感があって。なにかいいものないかな?」

 腰痛に悩む川上さんの声を受け、当時の専属トレーナー・寺本佑介さん(現・同社技術顧問)はコルセットを兼ねたベルトの開発に乗り出す。従来「切れなきゃいい」程度に思われていたベルトに機能性を盛り込むという柔軟な発想が、大ヒットを呼び込んだ。コアエナジーは自動車の座席にも使用される、強靭さと伸縮性を兼ねたパワーメッシュという生地を6枚重ねてつくられている。

 当連載ではいままでフェイスガードやアイブラックといった野球用具を取り上げてきたが、それらはアメリカで生まれ、日本に伝わったものだった。だが受け身の日本勢にあって、コアエナジーは大いに気を吐いている。

「例えばドジャースでは前田健太投手の影響で、多くの選手がコアエナジーをつかい始めています。縮小する日本市場にとどまらず、積極的にアメリカに打って出たいですね」

 これぞ、メイドインジャパンの意地である。

伝説継承。プロレス50年を背負った男たち

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1055

伝説継承。プロレス50年を背負った男たち

新日本&全日本プロレス旗揚げ50周年記念! 夢の誌上オールスター戦

【特別メッセージ】
アントニオ猪木「闘魂の50年」

【ビッグ対談9番勝負!】
オカダ・カズチカ×坂口征二
武藤敬司×髙田延彦
棚橋弘至×藤波辰爾
内藤哲也×蝶野正洋
髙山善廣×中邑真輔
初代タイガーマスク×鈴木みのる ほか

【伝説を語る】
長州力
馬場&鶴田

定価:本体700円(税込)目次ページへ

関連記事

川上憲伸
中日ドラゴンズ
アトランタ・ブレーブス

プロ野球の前後の記事

ページトップ