ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

神奈月56歳が明かす“あの武藤敬司ものまね”誕生のウラ話…テレビを見た橋本真也からの電話「絶対に似てるからやり続けたほうがいいよ」 

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph byShiro Miyake

posted2022/08/10 11:00

神奈月56歳が明かす“あの武藤敬司ものまね”誕生のウラ話…テレビを見た橋本真也からの電話「絶対に似てるからやり続けたほうがいいよ」<Number Web> photograph by Shiro Miyake

マニアックかつ豊富なレパートリーで人気のものまね芸人・神奈月。武藤敬司ものまね誕生のウラ話を聞いた

橋本真也からの電話「絶対に似てるからやり続けたほうがいいよ」

――視聴者・橋本真也さんからの直電が(笑)。

神奈月 その時、橋本選手が「いやー、武藤ちゃんのモノマネはめちゃくちゃ面白いよ。絶対に似てるからやり続けたほうがいいよ」って言ってくれて。闘魂三銃士としてずっと武藤さんの間近にいる人がそう言ってくれてるわけだから、これは間違いないんじゃないかって。それが自分の中でも自信になりましたね。

――破壊王のお墨付きとなったわけですもんね。

神奈月 その後、ZERO-ONEが土岐市で大会をやったときに「来れる?」って連絡が来て、「武藤ちゃんのものまね道具用意して、リングに上がってよ」って言われたんですよ。僕はゲストとしてリング上でモノマネをやればいいのかなって思ってたんですけど、橋本選手はイタズラ好きだから“仕掛け”を考えてたんですよ。

――どんな仕掛けですか?

神奈月 ちょうど橋本選手のZERO-ONEと武藤さんが社長をやってた全日本が対抗戦をやるんじゃないかって言われていた時だったんですね。で、前半戦が終わって、土岐市の市長の挨拶が終わったあと、リングアナの方が「今日はスペシャルゲストとして、この方が来られております。武藤敬司、入場!」ってコールしたら、観客は「うぉー!」ってなるじゃないですか。そこに『HOLD OUT』のテーマ曲とともに僕が登場して、驚きから笑いに変わるっていう(笑)。

「橋本選手が僕と武藤さんを引き合わせてくれた」

――それはベタだけど、最高に面白いですね(笑)。橋本さんがゲストでテレビ番組に出てくれたこともありましたよね?

神奈月 それは僕とイジリー岡田さんで武藤&三沢光晴組をやって、その対戦相手が橋本選手と小川直也選手で、そっちは本物っていうのがあったんですよ(笑)。

――そんな夢のカードが実現していましたか(笑)。

神奈月 だから、今でこそ武藤さんと一緒に仕事させてもらう機会が多いですけど、もともとは武藤さんはあくまでものまねする対象で、橋本選手のほうが仕事やプライベートも含めて、いろいろとやってくださっていたんですよね。そして橋本選手が亡くなられたあと、武藤さんがものまね番組に出てくれて、そこから武藤さんとも親しくさせてもらうようになって。変な言い方ですけど、橋本選手が僕と武藤さんを引き合わせてくれたんじゃないかなって、いまになると思っていますね。《つづく》

(撮影=三宅史郎)

#2に続く「似てるじゃん」武藤敬司本人から絶賛…ものまね芸人・神奈月の細かすぎるこだわり「ひげフェルトも白髪に」 引退発表はどう受け止めた?

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
神奈月
橋本真也
武藤敬司
新日本プロレス
プロレスリング・ノア

プロレスの前後の記事

ページトップ