スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

「日本のバスケットは、世界で通用します」いきなりドイツでMVPに選ばれた女子バスケ・安間志織が海外で実感した日本人の「強み」 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byEisvögel USC Freiburg

posted2022/08/02 17:02

「日本のバスケットは、世界で通用します」いきなりドイツでMVPに選ばれた女子バスケ・安間志織が海外で実感した日本人の「強み」<Number Web> photograph by Eisvögel USC Freiburg

ドイツリーグに飛び込んで1年目でチームを優勝させ、見事にMVPにも選ばれた安間志織

「ドイツ、イタリアともに、サラリーが支払われるのはシーズン中だけなんです。でも、Wリーグのチームはシーズンオフもサラリーを保証してくれますし、設備も申し分ないです。それが分かっただけでも考え方に幅が出来ました」

 東京オリンピックから1年。安間の人生は大きく変わった。

「自分の人生、充実していると思います。20代後半に入ってから一年、一年がすぎるのが早くて、楽しいです。もちろん、オリンピックには出られなかったということもありました。でも、それを含めてポジティブに捉えられるようになりましたし、気落ちにすごく余裕が出てきました」

 次の停泊地はヴェネツィア。希望は膨らんでいる。

「身長が低くても、自分がやり続けることは変わらないと思います。自分としては楽しみながら、やっていけたらいいですね。それに日本の将来のある選手たちには、こんな小さくても海外でプレーできるんだってことを分かってもらえたらうれしいですね。日本のバスケットは、世界で通じます。私自身、まだまだ上手くなりたいですが、ドイツで過ごした時間は、自分の人生でも大きな経験になりました。ちょっと前までは、いろいろと完璧にやらなきゃと思ってた自分が、マイナスの部分までひっくるめて楽しめるようになりましたから」

 失意は、次の行動を生んだ。

 安間志織の「これから」が楽しみだ。

<#1、#2から続く>

#1から読む「ショックで1週間動けなかった」女子バスケ、あの歴史的銀メダルの裏で…東京五輪メンバーからギリギリで落選した安間志織、1年後の告白

関連記事

BACK 1 2 3
安間志織
トム・ホーバス
中村学園女子高校
拓殖大学
トヨタ自動車
大神雄子
三好南穂
本橋菜子
町田瑠唯
宮崎早織
フライブルク
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後の記事

ページトップ