日々是バスケBACK NUMBER

米バスケ名門大で注目の今野紀花。
語学の壁を越え、その先の領域へ。

posted2020/03/23 07:00

 
米バスケ名門大で注目の今野紀花。語学の壁を越え、その先の領域へ。<Number Web> photograph by Yoko Miyaji

NCAA屈指の名門ルイビル大でルーキーイヤーながらコーチの評価が高い今野紀花。大学4年間での活躍に期待したい。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Yoko Miyaji

 今野紀花が聖和学園高校を卒業し、アメリカ・ケンタッキー州にあるNCAAの強豪ルイビル大に来てから半年余が過ぎた。

 日本を出て、家族から遠く離れ、まわりに日本人がいない大学に入る道を選んだ一番の理由は、彼女の好奇心だった。日本より高いレベルのバスケットボールに惹かれ、他の国のバスケットボールを知りたいという思いが、今野に海を渡らせたのだ。

「自分の興味の部分もあるんですけれど、ほかの国のバスケットボールを勉強したかった。アメリカは強いので、どうやってバスケに取り組んでいるのかなって興味があって来ました。それが大きいです」と今野。

 その言葉を聞いて、思わず「好奇心が旺盛なんですね」と言うと、間髪をいれずに「はい」と答え、「みんなは絶対にしないと思う」と言った。

 高校2年の頃から、エレナ・デレドン(現WNBAワシントン・ミスティックス)など、アメリカの選手やチームの映像を動画サイトなどで見るようになった。アメリカ行きを考え始めた頃だ。最初は、まるで別世界だと思ったという。

「今、ここ(ルイビル大)にいるから、それが普通に見えるんですけれど、来る前はもう、どんだけボコボコにされるんだろうって思っていたんです。身体能力や手の長さ、ポストのプレイヤーの大きさとか(笑)。全然違うと思った。自分がそこにいることが、想像できなかったです」

「私たち、みんなノリカが大好きなのよ」

 そんな世界に飛び込んで半年。今では、まるでずっと前からそこにいたかのように溶け込んでいる。

「来てみたら、やっぱり上手くなりたいと思って。バスケットをしてるのは同じだし、コーチとの信頼関係が大事だったり、頭が使える選手が起用されたり、ハードにプレイすることが何より大事だったり、そういったことはアメリカでも同じだった。来て少し時間がたってから、能力でやってるっていうアメリカに対するバイアスがとれたおかげで別世界とは感じなくなりました」と笑う。

 心配だったという英語でのコミュニケーションもスムーズで、自然にあいさつし、練習中にはチームメイトに励ましの声をかけ、コーチやスタッフともコミュニケーションを取り、笑顔でまわりを魅了している。

「私たち、みんなノリカが大好きなのよ」

 取材でルイビルを訪れている間に、何度そう言われたことか。コーチやスタッフはみんな今野の魅力を語りたくてしかたないようで、口々に「あの試合ではこんなことがあった」「この試合ではこうだった」と話し始める。すばらしい仲間に恵まれた今野は、国境の壁も、英語の壁も、ひょいと乗り越えて新しい世界で自分の居場所を着々と築き始めているようだ。

【次ページ】 単なる言葉のコミュニケーション以上の理解を。

1 2 3 4 5 NEXT
今野紀花

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ