Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[師弟が対峙した巨壁]棚橋弘至×藤波辰爾「不屈と挑戦の猪木イズム」

posted2022/07/14 07:00

 
[師弟が対峙した巨壁]棚橋弘至×藤波辰爾「不屈と挑戦の猪木イズム」<Number Web> photograph by Kentaro Miyazaki

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Kentaro Miyazaki

猪木の付き人から幾多の名勝負で闘魂継承した“飛龍”。猪木引退後の新日V字回復を牽引した“逸材”。2人は“ドラゴン殺法”伝承の師弟でもある。ともに仰いだ巨大な存在を存分に語り合った。

 猪木イズムの継承者が藤波辰爾とすれば、ドラゴンイズムの継承者は棚橋弘至である。新日本プロレス50年の線をピンと張ってみれば燃える闘魂も、炎の飛龍も、そして100年に一人の逸材も一本の線でつながっている。2人は時代こそ違えど、アントニオ猪木という壁を意識しながら、身命を賭して団体を背負い、看板を守ってきた。世代を超えてじっくりとお互いを、猪木を、そして新日本プロレスを語り合う濃密な60分1本勝負のゴングが鳴る。

――今年3月1日の旗揚げ記念日にはトリオを組み、同27日の大阪大会では8人タッグで対戦されました。

棚橋 いつも驚かされるのは、藤波さんのコンディションの良さ。筋肉の一つひとつがデカくて、張りがあるんですよ。昔からの鍛錬が体にしっかりと残っていますよね。

藤波 棚橋くんは僕が新日本にいたころと随分違って見えた。トップレスラーとして地に足がついていて、まとっている雰囲気から責任感みたいなものが伝わってきたね。

――新日本の歴史を紐解くと、2人の本格的な接点は、棚橋さんが初出場する2002年夏のG1クライマックスの前。ドラゴン殺法を伝授してもらうというエピソードです。

棚橋 若手レスラーが何もなくG1に出ていっても期待感って生まれない。だから藤波さんの力をお借りしたい、と。ドラゴン殺法で戦ったら、ファンも“何だこの若手は”と目に留まるんじゃないかって思ったんです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3187文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

棚橋弘至
藤波辰爾
新日本プロレス
アントニオ猪木

プロレスの前後の記事

ページトップ