珠玉の1敗BACK NUMBER

中谷潤人――アマ最後の負けから始まった無敗ロード。

posted2022/06/28 07:00

 
中谷潤人――アマ最後の負けから始まった無敗ロード。<Number Web> photograph by Miki Fukano

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Miki Fukano

第一線で活躍するアスリートは、敗戦から何を学ぶのか――。気鋭の24歳、いまだ無敗のボクシング世界王者が挙げたのは、アメリカで武者修行したアマチュア時代、最後の一戦だった。

【Defeated Game】
2014年9月7日 ジェリー・オルティス・メモリアル
ルベン・ロブレス○ 判定2-1 ●中谷潤人

   ◇

“ネクスト・モンスター”と呼ぶにふさわしい。24歳のサウスポー、WBO世界フライ級王者・中谷潤人はプロキャリア23戦全勝18KOと無敗を誇り、世界戦はただいま3戦連続KO勝利中である。

 長いリーチを活かした伸びのある左ストレート、キレのある左ロングフックを主体としつつ右のブローも多彩。接近戦も苦にせず、冷静に勝ち筋を見つけて的確にパンチを当てていくクレバーな戦いぶりが目を引く。勢いに乗る彼にもアマチュア時代に忘れられない
「珠玉の1敗」がある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3418文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

中谷潤人
ルベン・ロブレス

ボクシングの前後の記事

ページトップ