マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

多数のプロ野球スカウトが最初に推す「1位当確」の大学生外野手とは…? これが野手“ドラ1候補”ベスト10《ドラフト中間報告》 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKYODO

posted2022/06/19 17:01

多数のプロ野球スカウトが最初に推す「1位当確」の大学生外野手とは…? これが野手“ドラ1候補”ベスト10《ドラフト中間報告》<Number Web> photograph by KYODO

ドラフト中間報告【野手編】5位 福永裕基・三塁手(日本新薬〔専修大←天理高〕・180cm83kg・右投右打・25歳)

【野手編】1位 蛭間拓哉・外野手(早稲田大〔浦和学院高〕・176cm87kg・左投左打)

 混迷の「2022ドラフト」で、多くのスカウトが最初に挙げる「1位当確」の存在だが、少なくとも打に関してはこんなもんじゃないと思っている。今の「六大学」なら4割は打ってほしい。出来る人だ。

 2年秋の早慶戦でリーグ戦優勝を決する2ランをはじめ、スタートダッシュをきめたい開幕戦でも3ランを放ったり、ここ一番の大仕事ができる「人間力」は、実戦で森士監督の激しいゲキが飛ぶ浦和学院当時から発揮されていた。ここ20年ぐらいで、相手投手だけに集中して打席に立っていたのは、この左打者だけだったように思う。

 レフトスタンドにも、痛烈センター返しのような打球で放り込み、左腕も苦にしない。二塁走者に三塁を回らせておいてから本塁返球で刺しているように見える高精度のスローイング能力に、50m5秒台の快足の全力疾走で、内野のミスを誘発させようとする走り。

 プロの世界でも、チームリーダーになれる人材とみる。

◆◆◆

 以上、10選手を挙げたが、読んだ方たちにしてみれば、たとえば、「ドラフト1位候補」という報じられ方をしている日本文理高・田中晴也選手はどうして入っていないのか……いくつもの疑問が湧いてくるかもしれない。私の「この目」で、実際にプレーを見ると、そういう結果になるのだから仕方ないのだが、いっそ、「大きく報じられている選手たちが、ここに入ってこない理由」というタイトルで、「いいわけ」をしてもよいのかもしれない。

 そのへんは、また編集部さんと相談して……ということになるが、読者の皆さまには、もしよろしければ、リクエストしてもらえればお話がしやすいとも考えている。

<10位~6位編から続く>

#1から読む《ドラフト中間報告》これが野手“ドラ1候補”ベスト10…大阪桐蔭から“あの捕手”、プロ野球スカウトが語る「“指名漏れ”社会人の事情」も

関連記事

BACK 1 2 3
松川虎生
千葉ロッテマリーンズ
西村瑠伊斗
藤井健平
NTT西日本
林琢真
駒澤大学
オリックス・バファローズ
福田周平
松尾汐恩
大阪桐蔭高校
田中幹也
亜細亜大学
福永裕基
日本新薬
友杉篤輝
天理大学
中野拓夢
阪神タイガース
内藤鵬
日本航空石川高校
牧秀悟
横浜DeNAベイスターズ
矢澤宏太
日本体育大学
蛭間拓哉
早稲田大学
田中晴也

プロ野球の前後の記事

ページトップ