SCORE CARDBACK NUMBER

「声出し規制? 俺たちなら……」路上で聞いた“カルチョの声”。

posted2022/06/08 07:00

 
「声出し規制? 俺たちなら……」路上で聞いた“カルチョの声”。<Number Web> photograph by Shin Toyofuku

本拠地ルイジ・フェラーリス周辺で発煙筒を焚き、声を張り上げるサンプドリアのファン。感染症の影は見えない

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Shin Toyofuku

 5月17日、Jリーグの声出し応援の段階的導入が発表された。その前日、イタリア・ジェノバでサンプドリアの試合を見たのだが、そこで目にしたのは日本とはまるで正反対の現実だった。

 今季のホーム最終戦の相手はフィオレンティーナ、スタジアム周辺には歓喜の歌声が響いていた。サンプドリアはセリエA残留を決め、同じ街の宿敵ジェノアはセリエBに降格していた。

 スタジアム前に集ったサポーターは、もちろん誰もマスクをしていない。ウルトラスのボス(殺人罪で長い間刑務所に入っていたという)が塀の上に立ち熱のこもった演説を披露し、男たちの士気を高めている。彼がジェノアの人形を燃やすと喝采が湧いた。応援歌が響く中、人々は太陽の下でビールを飲み、肩を組んでいる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 527文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

サンプドリア

海外サッカーの前後の記事

ページトップ