SCORE CARDBACK NUMBER

UAEで手にした「動じない力」。古巣復帰・塩谷司が攻守で光る。

posted2022/06/04 07:00

 
UAEで手にした「動じない力」。古巣復帰・塩谷司が攻守で光る。<Number Web> photograph by SANFRECCE

復帰後スタメンが続く塩谷(手前)。第14節京都戦ではゴールにならずも、クロスバーを叩く鋭いシュートを放った

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

SANFRECCE

 欧州からの帰還は「定番」であっても、アジアからとなるとそうではない。才能あふれる若い選手のほとんどが欧州を目指す一方、アジアのリーグにはキャリアを積んだ選手が向かうパターンが多いからだ。三十路に入ったかつての主力を、サッカー後進の枠を飛び越えていないアジアから呼び戻すケースは珍しい。

 いやいや、己のスケールアップに、プレーする地域や年齢など関係ありませんよ――。4シーズンを過ごしたUAEの強豪アル・アインから昨年10月に古巣サンフレッチェ広島に復帰した塩谷司のプレーからは、そんな自己主張が聞こえてくる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 661文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

塩谷司
サンフレッチェ広島
アル・アイン

Jリーグの前後の記事

ページトップ